投稿者の過去記事

山田敦士写真家

山田敦士(写真家・プロフィール)
1995年 渡豪、路上の人々を撮り始める。帰国後、フリーランスへ。ファッション、グラビア、広告など幅広く活躍中。富士フォトサロン新人賞受賞。「生きること、その一瞬の輝き」をテーマに、日本のユースカルチャー、ストリートを切り取る独自の感性は国内外で評価を得る。
LIVE写真イベント「PHOTOGRAPHERS SUMMIT」主宰。2011年、新世代フォトカルチャーマガジン「SHUTTER magazine」創刊、編集長をつとめる。

写真家への道:光質と、光の強さを分けて考える
写真家への道:写真に才能はない。上手くなるには、1000枚撮る!
写真家への道:好きなことを続けられるかどうかが、才能
写真家への道:ポートフォリオを作る

NEW

  1. 雑誌「Seventeen」の専属モデルとしてデビューし、現在は「MAQUIA」や「MORE」など、多…
  2. 2016年、デビュー5周年記念のワールドツアーを成功させて、世界からますます注目されるアーティスト・…
  3. 弊誌SHUTTERが担当した、今話題の奇才ユニット水曜日のカンパネラの記事が、日本カルチャーを海外に…
PAGE TOP