216H_LR

原宿を舞台とした映画&原宿文化に影響を受けた、名作映画8選

2000年前後にメジャーブランドが仕掛けたシンプルファッションの危機を乗り越え、ゴスロリやガーリー、きゃりーぱみゅぱみゅを生み出してきた世界の”HARAJUKU”と、映画の関係。
文:本手保行

——映画が失われた街、原宿
原宿を舞台とした映画や原宿文化に影響された映画などを調べてみたが、どうも原宿と映画との関係性は希薄だ。かつてのホコ天などの若者文化を記録したものや、原宿の有名ショップが衣装提供している作品、原宿駅や竹下通りが出てくるTVドラマはあるが、いまの原宿そのものを舞台としている〝=原宿〟という映画はなかなか見つからない。地域の厳しい規制によって撮影許可が降りづらい現実的な要因があるのかもしれないが、これだけ若者が集まり、世界的にもファッションやカワイイ文化が注目されるこの場所なのにとても不思議な現象だ。


『キャンディ』
発禁小説「キャンディ」を映画化したエロティックなブラックコメディ。60年代のフラワームーブメントやビートニクが土台になっているロリータ映画の決定版。キャストがすご過ぎです。


『アリス』
ヤン・シュヴァンクマイエル監督作品。ロリータファッション愛好家のバイブル「不思議の国のアリス」をもとに、監督独自の解釈で夢(悪夢?)の世界を作り上げた傑作。ラフォーレ原宿でも彼の展覧会が行われていました。


『ひなぎく』
カワイイ映画を代表するチェコのヴェラ・ヒティロヴァ監督作品。姉妹がハチャメチャを繰り返す映画だが、背景には自由がなかった世界への反発がある。衝撃のラスト。だが楽しい映画。

いまの原宿と重なるファッション的にも表現的にもいわゆるカワイイ映画は60年代前後の外国映画に多く見受けられ、例えばアートやファッションに敏感な女性たちに愛されるチェコの「ひなぎく」は、女の子2人が表向きは無邪気にハチャメチャを繰り返すが背景には社会主義国家の検閲の中でのカワイイをカモフラージュとした社会への強烈な主張があったり、クリスチャン・マルカン監督の「キャンディ」では、そのキュートさの根源は米国のフラワー・ムーブメントが土台にある。つまりカワイイ映画にはカウンターカルチャーとしての表裏一体的なものがあり、それがカルトとなり世界に広がっていく。


『東京画』
小津安二郎を敬愛するヴィム・ヴェンダース監督が東京を訪ねるドキュメンタリー。竹の子族やローラー族をしつこく撮影していて面白いです。1983年の原宿の貴重な資料。


『マリー・アントワネット』
性的・残酷描写を排除し、豪華なファッションやお菓子をふんだんに映し普遍的な女の子の悩みを描くガーリーな作品。ソフィアは原宿カワイイ文化に一番近い監督かも。


『ポリー・マグー お前は誰だ』
写真家、ウィリアム・クライン初監督作品。パリ・モード界を舞台にポリー・マグーというモデルを中心に恋愛騒動とメディアを巻き込み展開されるシンデレラストーリー。

カワイイ文化も立派なカウンターカルチャー
ファッションや若者文化はカウンターカルチャーから派生するものだが、ホコ天なき後の90年代後半からの原宿文化はカウンターカルチャーという要素は見受けられず、むしろ社会や周りがどうこうではなく、誰にも差別される事なく自由なファッションで自分らしい生き方ができる街として発展し、そのモラトリアムでつかみどころのない特殊文化が原宿をテーマとした映画を必要としなかったのかもしれない。


『女性上位時代』
最高におバカなエンディングを迎える1968年製作のエロティックコメディ。60年代イタリアのファッションやインテリア、そして音楽がとてもオシャレで、何と言ってもカトリーヌ・スパークのかわいらしさにノックアウト。


『もうひとつの原宿物語』
タイトルに「原宿」という言葉が入った貴重な映画作品。原宿の女子高生3人組の青春群像を中心に、ストリートダンスチームの抗争やホコ天が登場する90年前後の原宿の基本は抑えた緩い映画。TRF前のSAMも登場。

けれど、そこにカワイイ共通性が見受けられるのは、近年のシンプルファッションや震災の暗い影に対し、それらの映画も参考にしたであろう原宿で活躍するデザイナーやクリエイターたちが築いたカワイイ文化が新たなカウンターカルチャーの姿なのだろう。そう考えると、そろそろ原宿文化を象徴する世界に通じる映画ができるのかも。カワイイヌーヴェルヴァーグ、期待しております。

掲載号:SHUTTER magazine Vol.10
(2013年9月30日発売)

NEW

  1. denki_goldenhits_830x460
    日本を代表するテクノユニットである電気グルーヴ。彼らのMVはとてもクオリティーが高く、優秀なミュージ…
  2. akb_mv_830x460
    国民的アイドルグループとして、メディアの世界で活躍を続けるAKB48。彼女たちのミュージック・ビデオ…
  3. imgp%ef%bc%95
    SNS上では個人撮影会など、撮影モデルの活動をしている女性がたくさんいますよね。そういったモデル…
PAGE TOP