one_ok_rock_a_jinsei_lr

いまや日本を代表するロックバンド、ONE OK ROCKの魅力

現時点でのキャリア最高傑作ともいえる作品を世に送りだし、過去最大規模となる全国アリーナツアーを間近に控えたトーキョー発のロックバンド、ONE OK ROCK。

Text= 櫻井昌(KREATIVA)

閉塞感漂うロックシーンに風穴を開ける存在。

音楽業界の危機が叫ばれている時代にあって、結成わずか8年にして横浜アリーナを2日間で約24,000人ものオーディエンスで埋めてしまうロックバンドがいる。それが2005年に結成され、シーンに風穴を開ける存在として大きな期待を背負っているONE OK ROCK(ワンオクロック)だ。エモ、ロック、メタルの要素が混在するサウンドを特徴とし、アグレッシブなステージングも魅力のひとつ。しかしファンを限定してしまうジャンルにあるなかで、2万人超ものオーディエンスを集めるのは、ジャンルという枠を越えて普遍的な音楽の素晴らしさが潜んでいるからに違いない。
アルバム『人生×僕=』(ジンセイカケテボクハ)にも、その世界観は色濃く反映されている。現在のトーキョー・ロックシーンは間違いなくONE OK ROCKを中心にまわっている。

「人生×僕=」(ジンセイカケテボクハ)は、昨年に公開された映画「るろうに剣心」の主題歌『The Beginning』をはじめ、「SUZUKI SWIFT SPORT」のCMソング『Deeper Deeper』など名曲が揃った、現時点での最高傑作ともいえる一枚。

人生x僕= (通常盤)

掲載号:SHUTTER magazine Vol.5
(2013年3月31日発売)

【関連情報】
ONE OK ROCK オフィシャルサイト http://www.oneokrock.com/jp/

NEW

  1. fashionmonster_1500px
    2016年、デビュー5周年記念のワールドツアーを成功させて、世界からますます注目されるアーティスト・…
  2. 160316_moshimoshi_suicam
    弊誌SHUTTERが担当した、今話題の奇才ユニット水曜日のカンパネラの記事が、日本カルチャーを海外に…
  3. akb_haevyrotation
    ヴィヴィッドな色使いと独自の色彩感覚が魅力で、アート界で大活躍する写真家の蜷川実花。そんな彼女は最近…
PAGE TOP