_SGB0108-p

N’夙川BOYS 新たなカルチャーが生まれる期待感

「シブカル祭。2013」のテーマソング『全.力.女.子!』を歌う、キュートかつアナーキーなロックンロールバンド・N’夙川BOYS。2010年代をリードする大胆不敵なニューカマー!
文:櫻井昌(KREATIVIA)

N'夙川BOYS-A写(2013.3)

2007年に「太陽の塔の下」で結成されたという、マーヤLOVE、リンダdada、シンノスケBoysによるキュートでアナーキーな3ピース・ロックンロールバンド・N’夙川BOYS(ン・シュクガワボーイズ)。楽曲ごとに「楽器をとっかえひっかえの演奏スタイル」に、80~90年代のガレージロック、パンク、ニュー・ウェーブの要素を織り込んだ一度聴いたらクセになる中毒性の高い「ポップでキャッチーな楽曲」を、「デュエットの常識をハミ出しまくる男女掛け合いボーカル」で聴かせる唯一無二のバンドである。さらに、その特異性に拍車をかけているのが、ヴィジュアルへの徹底したこだわりにある。メンバーの衣装は言わずもがな、CDジャケットなどのアートワークやミュージックビデオなど、そこかしこから漂うカルチャー感に思わずニヤリとさせられる。新たなカルチャーが生まれる期待を感じずにはいられない。


ライブDVD「All I need is Live!」
2013年9月25日リリース 3,900円 (税込)
※初回生産分のみカラーケース(red)+封入ポスター

2011年から2013年までに撮影されたライブ映像を収録。全21曲にMCや寸劇!?も加わった140分のボリューム盤。レイザーラモンRGや佐久間正英など豪華なゲスト陣との共演も見所!

<ライブ情報>

chirashi

「シブカル祭。2013 N’夙川BOYS presents フレフレ!全力女子達とロックンロール!」
10月19日(土)
OPEN 17:00 / START 17:30
会場:渋谷CLUB QUATTRO
出演:N’夙川BOYS / ゲスの極み乙女。/bómi / DJみそしるとMCごはん and more..
料金:前売3,000円/当日3,500円
(共にドリンク別)

N’夙川BOYS オフィシャルサイト http://nshukugawaboys.com/
N’夙川BOYS Twitter https://twitter.com/n_shukugawaboys

 

掲載号:SHUTTER magazine Vol.10
(2013年9月30日発売)

NEW

  1. fashionmonster_1500px
    2016年、デビュー5周年記念のワールドツアーを成功させて、世界からますます注目されるアーティスト・…
  2. 160316_moshimoshi_suicam
    弊誌SHUTTERが担当した、今話題の奇才ユニット水曜日のカンパネラの記事が、日本カルチャーを海外に…
  3. akb_haevyrotation
    ヴィヴィッドな色使いと独自の色彩感覚が魅力で、アート界で大活躍する写真家の蜷川実花。そんな彼女は最近…
PAGE TOP