kuroki2

作品撮りをしよう!写真家 美島菊名インタビュー

アーティスティックな感性が光る美島菊名さんの作品。美島さん独自の視点で、被写体の新たな一面を引き出す方法に迫ります。

1HF_Yasuda
13IMG_0021h
美島菊名さんの作品

まだ見ぬものを形にしたい。
被写体の個性を、写真で表現する。

いつも事前に手書きのラフを描き、自分の頭の中にある絵を形にする、という手法で撮影を行っています。今回はアーティストさんのポートレートということもあり、楽曲を聴きながら、イメージを膨らませています。作品のコンセプトですが、鳥は男性や自由を表現していて、それが円を描いて飛ぶことで、女性という存在を肯定するという意味づけを行いました。最終的には黒木さんが持つ女性らしさを表現するために鳥を1羽だけにして、肯定のメタファーを丸窓で表すなど、いくつかのアイデアを提案しながら、仕上がりの絵を決めています。アーティストや女優さんの撮影は、自分の価値観に被写体の個性が加わることで新しい作品が生まれる、という点が魅力だと思います。

kuroki2
撮影前にはラフを描き、出来上がりのイメージを提案することが多いそうです。

DSC_1458
傘をつけたストロボを白いボードに反射させて、拡散させた光を、片側から当てて撮影を行いました。

DSC_1188
DSC_1558
剥製の鳥やギターといった小道具を使い、自分なりの世界観を演出した美島さん。鳥はスタンドに固定したり、人物とは別に撮影して、最後に合成しています。

掲載号:SHUTTER magazine Vol.15
(2014年12月30日発売)

NEW

  1. fashionmonster_1500px
    2016年、デビュー5周年記念のワールドツアーを成功させて、世界からますます注目されるアーティスト・…
  2. 160316_moshimoshi_suicam
    弊誌SHUTTERが担当した、今話題の奇才ユニット水曜日のカンパネラの記事が、日本カルチャーを海外に…
  3. akb_haevyrotation
    ヴィヴィッドな色使いと独自の色彩感覚が魅力で、アート界で大活躍する写真家の蜷川実花。そんな彼女は最近…
PAGE TOP