p6072106

使いやすい一台を探すには?三脚の選び方[前編]

カメラの性能が高くなり、かなり暗い場所でもブレない写真が撮れるようになりました。フィルム時代から撮影している人にとっては「いい時代になったな…」と思わずノスタルジーにひたってしまう今日この頃ですが、生まれたときからデジカメしか使ったことがない、というみなさんは「三脚なんて、必要あるの?」という方もいるかもしれません。
じつはカメラの高解像度化にともない、きちんと三脚を使わないとブレが生じてしまうこともあるのです。

まったく知識がないとつい迷ってしまう三脚選びですが、取り外しのできる雲台がセットになったものがおすすめ。最初は、カスタマイズしやすいオーソドックスなタイプを購入するのがベストでしょう。三脚は、いかに使い心地がよいかが重要。ローアングルで撮影できる機種や水準器が内蔵されているものなど、用途によって選択肢はさまざまです。操作性や耐久性など、何を重視するのか、購入前にじっくり吟味したいところですね。

三脚の選び方は?雲台、素材、段数をチェック!

tripod_screen
雲台:カメラを固定し、向きを調整する部分。脚部と一体型の製品もある。左右・上下・縦位置の3軸に動く3ウェイタイプや、自由に動くボールタイプなどがある。使いやすい機種を選ぼう。

素材:カメラより重い三脚を使用するのが基本だが、アルミ製やカーボン製など種類によって重さや強度が異なるので、撮影スタイルに合わせてみては?

段数:3段、または4段が主流。段数が多いほどコンパクトに畳める。段のロックは、レバー式やナット式など。初心者にはレバー式がおすすめ。

Manfrotto プロ三脚 190シリーズ アルミ 3段 + RC2付3Way雲台キット MK190XPRO3-3W
71gj7-psmvl-_sl1500_

きちんと水平を保つために、水準器も重要!

HAKUBA 2ウェイレベラー KPA-02
ハクバ KPA-02[2ウェイレベラー]

カメラの水平・垂直を一目で確認できる機材。三脚に内蔵されているものやカメラのホットシュー、雲台に取り付けられるタイプなど種類も豊富です。すでに内蔵された形で販売されている三脚もあります。

三脚がない場合のテクニック

p6072087
三脚がなくても電柱や壁に寄りかかり、脇を締めてしっかりホールドするとブレにくくなります。

p6072106
また、塀や柱など適当な高さの台を見つけて上に置くのも有効ですよ。

携帯に便利なミニ三脚も販売されています。

スマホ用など、1,000円から2,000円程度で購入できる安価なものもあります。
小さいものをバッグにしのばせておくだけで、自撮りやみんなで撮影するときなど、とっても便利ですよ。
ぜひ試してみて!

【詳細情報】
掲載号:SHUTTER magazine Vol.5
(2012年6月30日発売)

NEW

  1. fashionmonster_1500px
    2016年、デビュー5周年記念のワールドツアーを成功させて、世界からますます注目されるアーティスト・…
  2. 160316_moshimoshi_suicam
    弊誌SHUTTERが担当した、今話題の奇才ユニット水曜日のカンパネラの記事が、日本カルチャーを海外に…
  3. akb_haevyrotation
    ヴィヴィッドな色使いと独自の色彩感覚が魅力で、アート界で大活躍する写真家の蜷川実花。そんな彼女は最近…
PAGE TOP