2020.5.22 サイトリニューアル!新着記事更新中

ガーディアン・ガーデンで1_WALL入賞者 田渕正敏展「Choice」が開催

ガーディアン・ガーデンで1_WALL入賞者 田渕正敏展「Choice」が開催

東京・銀座のガーディアン・ガーデンで田渕正敏展「Choice」が開催。
「The Second St age at GG」シリーズの51回目として開催される本展は、若手表現者を応援する同ギャラリーの公募展入選者の中から、各界で活躍する作家たちの活動を伝えるための展覧会です。

「1_WALL」とは?

田渕正敏さんはストライプ柄のシャツを拡大し描写した作品で第11回グラフィック「1_WALL」のファイナリストに選出されました。その後も書籍の挿画、パッケージイラスト、CDジャケットなどを中心に、イラストレーターとして活躍しています。
本展では、田渕が継続して制作している、青色の色鉛筆や絵具で、日用品を細密に描写するシリーズを中心に展示します。折り畳まれてパッケージされた物干しハンガーや、容器に入れられたフルーツなど、身近なものを観察し、魅力的な形を描き起こしています。

青色1色で表現されたイラストレーションは、遠目からみると精密な印象を受けますが、細部には筆致が残されており、偶然性も取り入れて絵作りをしていることに気づかされます。白い紙以外に、段ボールや、アクリルなどに支持体を変えた作品の他に、変形するハンガーの動きに着目した映像作品なども展示します。ぜひ、会場にてご覧ください。

また、会期中には美術作家の関川航平さんと、「へきち」として一緒に活動するグラフィックデザイナーの松田洋和さんをそれぞれゲストに招き、トークイベントの様子をオンライン配信いたします。

作家コメント

ものを絵を描く目的で見る時、その対象はモチーフと呼ばれる。生活の中には無数にモチーフがありしばしば目を奪われる。スーパーで見かけた葡萄は透明のプラスチックケースに入っていた。果実の保護と飾り付けを両立させた形と透けて見える葡萄は瑞々しい張りを感じさせた。ホームセンターで見つけた洗濯干しはフラットに畳まれて輪ゴムで留められていた。使用する際の宙吊りの姿とは異なる平面的なものとしてそこにあって、すでに絵の設計図のように見えた。モチーフに選んだものには全てこのように何かしら視覚に引っかかるところがあります。絵にすることでより濃密にその魅力に迫りたいと考えています。

プロフィール

田渕正敏(イラストレーター)
2011年よりイラストレーターとして活動を始める。同時期にグラフィックデザイナー松田洋和と造本ユニット「へきち」を結成。アパレルブランドKaikiのインビテーション、Polarisの7inchアナログ盤、YCAM新作コンサートピース“SoundMine”などのイラストレーションを担当。
2014年、第11回グラフィック「1_WALL」ファイナリスト。

展示概要

会期:2020年10月20日(火)~11月20日(金)11:00-19:00
日曜・祝日休館、入場無料 ※来場登録制は終了。直接会場にお越しください。
主催:ガーディアン・ガーデン

オープニングパーティーは新型コロナウイルス感染症対策のため、開催の予定はありません。

イベント

※参加無料、要予約、オンライン配信

トークイベント
「モチーフは選ばれた」関川航平(美術作家)×田渕正敏
日時:2020年11月9日(月)19:10-20:40

トークイベント
「Choice展に至るまで」松田洋和(グラフィックデザイナー)×田渕正敏
日時:2020年11月18日(水)19:10-20:40

詳細は公式WEBサイトよりご確認ください。
http://rcc.recruit.co.jp/gg/

アートカテゴリの最新記事