2020.5.22 サイトリニューアル!新着記事更新中

福田愛依が劇中ヒロインを熱演!映画「ビューティフルドリーマー」撮りおろし&インタビュー

福田愛依が劇中ヒロインを熱演!映画「ビューティフルドリーマー」撮りおろし&インタビュー


「日本一かわいい女子高生」として一躍注目を浴びてデビューした福田愛依さんが、劇中でフクダメイ(本人)役を演じる映画「ビューティフルドリーマー」が2020年11月6日(金)に公開。20歳を迎えた心境と、本作に挑んだ意気込みについて、インタビューを行いました。

映画「ビューティフルドリーマー」

本広克行監督、押井守監督、小中和哉監督、上田慎一郎監督が参加する、映画実験レーベル「Cinema Lab(シネマラボ)」。限られた制作予算のなかで、映画監督が自ら企画開発、脚本、キャスティング、ロケーション、演出までを自由に手掛けるという、監督の作家性を最大限に活かした“監督絶対主義”の本レーベルから、第1弾作品となる映画「ビューティフルドリーマー」が11月6日(金)より公開。
押井監督による原案『夢みる人』を、「踊る大捜査線」シリーズを手掛けた本広監督が映画化。原案では軽音楽部だった設定を映画研究会にアレンジ。映画作りに懸ける映研のメンバーの青春が描かれます。映画研究会の男女6人には、期待の若手俳優陣がスタンバイ。劇中映画の監督を務めるサラ役で、女優のみならず映画監督としても長編映画監督デビュー作「海辺の金魚」公開を控える小川紗良さんが主演。さらに、『HiGH&LOW THE WORST』などに出演する神尾楓珠さん、劇団ナイロン100℃所属の森田甘路さん、『ドロステのはてで僕ら』で好演した藤谷理子さん、札幌の劇団イレブンナイン出身のヒロシエリさん、本作が映画デビューとなる若手注目劇団・劇団スポーツの主宰の内田倭史さんが登場。さらに、斎藤工さん、秋元才加さん、升毅さんらが名を連ねています。
福田愛依さんは、映画研究会のメンバーが作る映画「夢みる人」のヒロイン・カーチャ役のオーディションに参加し、弾けるような元気と笑顔で男性メンバー達を魅了してしまう役に挑戦。

あらすじ

映画を撮ったことがない先勝美術大学映画研究会の部員たちが、「撮ろうとすると、必ず何か恐ろしいことが起こる」という、映研に代々伝わる、いわくつきの台本「夢みる人」を映画化にしようとする。だが、部員たちに次々と予期せぬ困難が起こり…。果たして彼らは無事にクランクアップできるのか…!?

福田愛依さんインタビュー

自分なりに考え、役を作っていく

Q:映画『ビューティフルドリーマー』に出演が決まった時のお気持ちは?

福田愛依(以下、福田):出演が決まった時は、まず一番に、うれしい!という気持ちが大きかったです。映画に出演するためのオーディションで、初めてカーチャの青い髪のウィッグを着けさせていただいたんですが、その時にもうワクワクしていたので、合格して、『また、あのウィッグを着けられる!』というのがうれしかったです。

Q:今回は本人役・フクダメイと映画出演し、そして劇中映画のヒロイン・カーチャ役を演じたわけですが、演じる時に意識したことは?

福田:本人役は、素のままでいていいんだなというのがあったので、緊張はありませんでした。「ありのままで演じてもらって大丈夫だよ」と本広監督もおっしゃってくださったので、気を張ることもなく、「(そのままの)私でいこう!」と思って演じました。でも、素とはいえ、ちゃんと自分を見せないといけないので、そこは難しかったです。

Q:どんな役作りをされましたか?

福田:メイ役で映画研究会のオーディションを受けるシーンの中で、「責任取ってね」という言葉があるんですけど、その言い方のパターンは、いろいろと自分の中で考えました。劇中映画で演じたヒロインのカーチャは、私なりに研究しました。カーチャは、素直で真っすぐな女の子。相手から何か言われても、自分の意志をピュアに答えるので、返答する時はあんまり考えないように、相手の顔色とか窺わずに、率直に受け止めて言うように意識しました。

Q:今回、本広監督は、新たな試みとして、完全な脚本を用いずに、おおよその筋だけを立てて、現場で口頭の打ち合わせで芝居をまとめる“口立て”を用いた演出を取り入れています。“本広組”の現場を経験してみて、いかがでしたか?

福田:最初に台本を頂きつつ、ワークショップに参加させていただいんです。そのワークショップを通して映画が作られていくように始まっていきました。劇中のワークショップは大体のシーンが決められていているんですが、台本のセリフを言いつつも、即興劇のように、キャストの皆さんがアドリブで言葉を発して、それを採用していくといういうことを監督と皆さんがやっていました。劇中映画「夢みる人」のカーチャ役のオーディションのシーンのセリフも台本にはなく、その場で決めていく感じでした。そのオーディションのシーンで、私は映画研究会のメンバー役の皆さんに「初めまして」という状態で自己紹介をしているんですが、本当に映研の皆さんがオーディションの面接官みたいな感じで、すごく緊張しましたね(笑)。

Q:ワークショップを経て、撮影に入られてからの現場の雰囲気はいかがでしたか?

福田:すでに皆さんとお会いしているので、きさくにお話してくださって、優しく接してくれました。すごく温かくて、キャストの皆さんもスタッフの皆さんも、“みんなで作っていく”という一体感がすごくありました。勉強になったことも、いっぱいありますね。(劇中映画でのカーチャの)お相手役の池田純矢さんとのシーンが多かったんですが、池田さんは本番の時の切り替えがすごくて。私と同様に、劇中映画のオーディションのシーンもあったんですが、本人役なのにめちゃめちゃ吹っ切ってやっているところが、すごいなと思いました。カットがかかるとスタッフさんとお話されたりしていて、その場を盛り上げたり、私が緊張しないように助けてくださったりしてくれて、本当にすごく温かかったです。

Q:本人役を演じていて、改めて感じた“自分”の一面はありましたか?

福田:試写で初めて、大きなスクリーンで自分の演技を観た時に、「自分の元気さは、こういうふうに映っているんだ」と思いました。オーディションのシーンでは、本人役でありのままとはいえ、ちょっと笑顔が固かったところもあって…。やっぱり緊張していたんだなと思いました(苦笑)。

Q:福田さんが思う映画の見どころは?

福田:映画研究会の皆さんの青春や熱量とかを感じてもらえたらいいなと思います。映画を作り上げていく時のアドリブ連発のシーンが、めちゃくちゃリアルで面白いです。私自身、役名がついた長編映画に出させていただくことが初めて。今回、本広監督作品の一部になれたことが、本当にすごくうれしく思っています。私なりに、劇中映画でカーチャを精一杯演じましたので、ぜひご覧いただきたいです。

Q:ちなみに映画研究会のメンバーのように、学生時代に夢中になったことはありますか?

福田:私は部活動で、チアリーディング部に入っていたんです。その2年間はすごく思い出に残っています。やっぱり、一つのものを作り上げようという映研の皆さんと同じように、私たちも全国大会に出場するために頑張ろう!と一致団結していたんです。そうした姿や、頑張るなかで意見のぶつかり合いがあったりするところは、すごく似ているなと思いました。

女優として

Q:幅広い芸能活動をされていますが、福田さんのなかで女優業に懸ける想いとは?

福田:女優さんになりたいと思ったのは、小学生の時に見た、「ごくせん」(日本テレビ)に出演されていた仲間由紀恵さんがきっかけ。それがずっと頭の片隅にあって、憧れがありつつも現実を見つつ…という高校生活を送っていました。高校生の時に参加した『女子高生ミスコン2017-2018』を通して、いろいろお芝居に携わらせていただいてから、お芝居についてより考えるようになりました。お芝居は正解がないので難しいですし、自分の弱いところとかがどんどん出てくるので、その壁を乗り越えなきゃいけないなという思いがあります。

Q:お芝居をしていて楽しいと感じる部分は?

福田:いろいろあるんですけど、作品を作っている時も楽しいんですが、出来上がった作品を見るのも楽しいです。私のイメージ的に、元気な役柄を頂くことが多いんですが、自分の長所と役が合っている女の子を演じる時は楽しいです。昨年出演させていただいた「博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?」(※FBS福岡放送開局50周年SPドラマ)で演じた「博多乃どん子」は、素の自分に近いような女の子でした。

二十歳、人生の中でのひとつの節目


Q:さて、11月8日で二十歳を迎えられますが、二十歳を迎えての今後のご自身の目標は?

福田:二十歳っていうと、未成年と成人という、本当に人生の中での節目だと思っていて。
一人で生きていけるわけじゃないですけど、親に頼ってばっかりじゃなくて、ちゃんと自分の意志を持って、ちゃんと判断をして行動していけるよう、少しずつ自立していきたいです。
お芝居に関しての目標は、声のボリュームとかですね。その人の距離感とかをちゃんとわかった上でのボリュームとか、喉からじゃなくお腹から出せるようにとか…。もっと鍛錬しないといけないなと感じます。今年2月に舞台「バレンタイン・ブルー」に出させていただいた時に、先輩方がお腹から声が出ているのを見て、「こんなに自分の声が出ていないんだ」ということを痛感しました。少しずつ、弱点を克服していきたいです。

Q:女優業以外でやってみたいことは?

福田:結構、運動が好きなので、TV番組などで体を張るロケもしてみたいです(笑)。舞台や映画だけでなく、いろいろな活動を行うことで、きっと新しい発見があると思います。

Q:今後、演じてみたい役はありますか?

福田:そうですね~(考え中)。以前から闇のある子を演じてみたいなと考えていて。未知の役なので、どんな自分が出てくるのかなというのが、楽しみです。

Q:そんなご自身の原動力は?

福田:私の原動力は、お仕事面では、今まで支えてくださっている方に恩返しをしたいというのが一番にあって、それを意識しています。精神的な面だと、ごはんです(笑)。ご飯を食べると元気が出ます。嫌いな食べ物がないので、その時に食べたいものをいっぱい食べることが元気の源ですね。
ちなみに以前は生ハムとかチーズが好きでした。パンやハンバーガーも大好きなので、体型維持を頑張りながら、食べたいなと思っています(笑)。

写真=山田敦士
文=齊藤恵

プロフィール

福田愛依(ふくだ・めい)
2000年11月8日生まれ、福岡県出身。「女子高生ミスコン2017-2018」でグランプリを獲得し、「日本一かわいい女子高生」として人気を博し、芸能界デビュー。ドラマやバラエティ番組、映画など多数出演。

作品情報

「ビューティフルドリーマー」
監督:本広克行
原案:押井守『夢みる人』
出演/小川紗良 藤谷理子 神尾楓珠 内田倭史 ヒロシエリ 森田甘路
伊織もえ かざり 斎藤工 秋元才加 池田純矢 飯島寛騎
福田愛依 木保佳音 瀧川英次 齋藤潤 田部文珠香 升毅

2020年11月6日(金)
テアトル新宿、シネ・リーブル池袋ほかにて全国順次公開!

シネマラボ 公式サイト
https://cinema-lab.com/
映画「ビューティフルドリーマー」公式サイト
https://beautifuldreamer-movie.jp/

©︎2020 映画「ビューティフルドリーマー」製作委員会

フォトギャラリー

映画カテゴリの最新記事