2020.5.22 サイトリニューアル!新着記事更新中

映画「思い、思われ、ふり、ふられ」神戸市内の撮影スポット20選が公開

映画「思い、思われ、ふり、ふられ」神戸市内の撮影スポット20選が公開

浜辺美波、福本莉子、北村匠海、赤楚衛二が出演する話題の実写映画「思い、思われ、ふり、ふられ」が2020年8月14日(金)に公開。本作とコラボし、「date.KOBE」の公式WEBサイト内に「映画ロケ地神戸デートマップ」が開設、さらに映画の公開日に合わせて、「ロケ地巡りデートコース」企画がスタートすることが発表されました。
本記事では、先日発表された20カ所にもおよぶロケ地の情報をお伝えいたします。

「思い、思われ、ふり、ふられ」とは

シリーズ累計発行部数が驚異の2500万部を突破した、咲坂伊緒の伝説的人気少女コミック三部作、「ストロボ・エッジ」「アオハライド」に続く、最終章が「思い、思われ、ふり、ふられ」です。
みずみずしい青春を描いた少女コミックとして多くの人に愛される本作が、満を持して実写&アニメーションでW映画化。
映画「アオハライド」で日本中を爽やかな感動で包み込んだ恋愛映画の名匠・三木孝浩が、実写版のメガホンを取ります。

あらすじ

明るく社交的な【朱里】(浜辺美波)、内向的でうつむきがちな【由奈】(福本莉子)、クールな【理央】(北村匠海)、爽やかで天然な【和臣】(赤楚衛二)。偶然出会ったタイプの違う4人は、同じマンションに住み、同じ学校に通う高校1年生。
 親同士の再婚で「家族」となり、朱里に言えない恋心を抱える理央。そんな理央に憧れるけど自分に自信が持てない由奈。和臣に惹かれていき、自分の感情に戸惑う朱里。ある秘密を目撃してしまい自分の気持ちに蓋をしてしまう和臣。
 一人の告白をきっかけにそれぞれの感情は複雑に絡み合い、相手を思えば思うほどすれ違ってしまう。4人の切なすぎる《片思い》の行方はー。

豪華出演陣&主題歌は”ヒゲダン”が担当

そして出演者には、「君の膵臓をたべたい」が社会現象となり、大ブレイクを遂げた浜辺美波と北村匠海の「ゴールデンカップル」が豪華再共演を果たすことに。
さらに、第8回「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリを受賞した最注目若手女優の福本莉子、仮面ライダー出身でブレイク必至の赤楚衛二というフレッシュな面々が集結。さらに、昨年NHK紅白歌合戦に初出場を果たし、数々の音楽チャートで新記録を総なめしている今最も勢いのあるバンド、Official髭男dismが主題歌アーティストをつとめています。

多くのシーンが神戸で撮影

本作「思い、思われ、ふり、ふられ」は、
2019年3月~4月にほぼすべてのシーンのロケ撮影が神戸で行われたそう。
六甲山麓の神戸高校や、市営地下鉄西神・山手線沿線など、近くに住む人にとっては見慣れた日常の風景が映画の舞台となりました。
ほとんどのロケ地は、今回初めてロケが行われたところばかり。美しい風景がたくさん出てきます。

都賀川公園

長田神社

大丸山公園

北野町東公園

学園東町西公園

西神中央公園前歩道橋

「date.KOBE」特設サイトでロケ地デートマップが公開

今回、ご紹介したロケ地は「date.KOBE」の特設サイで「映画ロケ地神戸デートマップ」として公開されています。
サイトでは、シーン写真やメイキング写真、ロケ時のこぼれ話などもあわせて掲載。
ロケ地の多くは一般的な観光地ではなく、神戸市民のみなさんが普段生活している場所で、メディアでもあまり取り上げられていなかった風景が多いのが特徴です。

まとめ

港町の夜景や異国情緒漂う異人館など、ロマンティックな街並みが広がる神戸は、デートにぴったりの街。もちろん、カップルでデート以外にも写真好き&映画好きのみなさんはカメラを片手にあちこち回ってみるのもいいかも。素敵な写真が撮れそうな場所ばかりです。

公開情報

タイトル:「思い、思われ、ふり、ふられ」
原作:咲坂伊緒「思い、思われ、ふり、ふられ」(集英社マーガレットコミックス刊)
監督・脚本:三木孝浩  脚本:米内山陽子
音楽:伊藤ゴロー  劇中音楽:小瀬村晶
主題歌:「115万キロのフィルム」/ Official髭男dism(LASTRUM Music Entertainment Inc.)
出演:浜辺美波 北村匠海 福本莉子 赤楚衛二
上村海成 三船海斗 古川雄輝 戸田菜穂
コピーライト:(c) 2020「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会
(c) 咲坂伊緒/集英社
公式WEBサイト:https://furifura-movie.jp/

写真カテゴリの最新記事