2020.5.22 サイトリニューアル!新着記事更新中

音を記録する?音チェキ「instax mini LiPlay(リプレイ)」 ってどんな機種?

音を記録する?音チェキ「instax mini LiPlay(リプレイ)」 ってどんな機種?

富士フイルムは、音声をQRコード化してプリントできるハイブリッドインスタントカメラ「instax mini LiPlay」を2019年6月より販売しています。巷で話題の「音チェキ」の詳細について、お届けします。

音声も一緒にプリントできる、「新時代のチェキ」

この「instax mini LiPlay」は、「チェキ」の愛称で親しまれている「instax」シリーズの新製品。
撮ったその場でプリントを出力できる「チェキ」の魅力に加えて、伝えたいメッセージなどの音声も写真と一緒にプリントできる、「新時代のチェキ」ともいえるカメラになっています。

100か国以上で販売されている「instax」シリーズ

インスタントカメラの代名詞ともなっている「instax」シリーズは、写真撮影のデジタル化が進み始めた1998年より発売が開始されました。フィルム撮影の楽しさをダイレクトに伝える「instax」は、デジタル化が進む中にあっても「チェキ」として強い人気を獲得。デジタルネイティブである若い世代からは特に、そのアナログさが好感を呼び、新たな表現ツールやコミュニケーションツールとしても評価されています。現在では、人気がヨーロッパ・アメリカ・東南アジアなどにも広がり、世界100か国以上で「instax」シリーズは販売されています。

最大10秒の音声をQRコード化してチェキにプリント

「instax mini LiPlay」は、「instax」シリーズの「新時代」を築くカメラとして登場しました。このカメラの最大の特徴は、録音機能を備えていることでしょう。最大で10秒の音声を録音することができ、またその録音データをQRコード化して撮影画像と一緒にチェキフィルムにプリントすることも可能。まさに、その場で「音」の記録・出力もできるカメラというわけです。

「instax mini LiPlay」でプリントされたQRコードは、スマホで読み取ると再生することができます。「贈る相手に気持ちを声で伝える」「海の写真と一緒に波の音を記録」といった使い方も可能であり、写真で捉えた大切な瞬間をよりリアルな形で残すことができるでしょう。

スマホ写真を出力できる「ダイレクトプリント機能」

「instax mini LiPlay」はまた、「ダイレクトプリント機能」を備えるのも大きな特徴です。この機能は、スマホで撮影した写真をチェキプリントとして出力できるというもの。Bluetoothでスマホからデータを取得し、お気に入りの画像も気軽にプリントすることが可能となっています。送信前には、画像の拡大・回転などを施すことも可能です。

背面に2.7インチのLCDモニターを搭載

さらに「instax mini LiPlay」は、背面に2.7インチのLCDモニターを搭載。画面を見ながらの撮影や、好きな画像を選んでプリントすることもできます。6種類のフィルター機能も備えており、セピア調やモノクロ調などの加工が自由自在。大人数での集合写真の撮影を想定し、スマホでシャッターを切ることができる「リモート機能」を実装しているのも、非常に便利でしょう。本体のシンプルでスタイリッシュなデザインや、3色ごとに異なる加工を施すこだわりも、嬉しいところです。

あとがき

富士フイルムはこれからも、撮ったその場でプリントをすぐ楽しめる「instax」の世界を広げるべく、様々なニーズに対応するカメラを展開していくとのこと。今後の展開が楽しみですね。

製品情報

製品名:ハイブリッドインスタントカメラ “チェキ”「instax mini LiPlay」
発売日:2019年6月21日
価格:オープン価格
公式サイト:https://instax.jp/mini_liplay/

ガジェットカテゴリの最新記事