2020.5.22 サイトリニューアル!新着記事更新中

【SQUARE UP!】フクモトヒロスケ インタビュー 「GOOD ROCKS!」編集長&カメラマンの視点

【SQUARE UP!】フクモトヒロスケ インタビュー 「GOOD ROCKS!」編集長&カメラマンの視点

instax“チェキ”のスクエアフォーマットギャラリーサイト「SQUARE UP!」がOPEN!本ギャラリーでは、自らの世界を切り開くアーティストたちが撮影する写真を通して、表現することの面白さを世の中に伝えていきます。

SQ1で切り取る世界

今回お話をお伺いしたのは、「GOOD ROCKS!」の編集長でありカメラマンのフクモトヒロスケさん。インスタントカメラinstax“チェキ”の新製品「instax SQUARE SQ1」(以下、SQ1)でスクエアのモノクロフィルムを使って、フクモトさんならではのチェキを撮っていただきました。

▼さまざまな著名人が撮影したチェキスクエアギャラリー「SQUARE UP!」もチェック!
https://www.shutter-mag.com/squareup/

Q:こんにちは!今日はフクモトさんにお話を伺えるとのことで、少々緊張しております(笑)。よろしくお願いいたします。
フクモトヒロスケさん(以下、フクモト):よろしくお願いします。

Q:さっそくですが、SQ1で撮影してみていかがでしたか?
フクモト:簡単にすぐ撮れるというのが印象的でした。あと、接写できるのがいいですよね。

Q:今回はモノクロフィルムで撮影していただきました。素敵な世界観ですね。
フクモト:はい。今までスクエアフォーマットのモノクロフィルムはなかったので、発売されるのを楽しみにしていました。

Q:普段からチェキは使用されているのでしょうか?
フクモト:そうですね、スクエアがまさに好きで。“スマホ de チェキ” instax SHARE SP-1もよく使っています。撮った後にすぐ渡せるのがいいですよね。

Q:今回撮っていただいたチェキはいつ撮影されたのでしょうか?
フクモト:撮影で訪れたハウススタジオなどで、オフショットとして撮りました。

Q:モードな雰囲気がありつつも、みなさん自然体な感じで素敵ですね。
フクモト:大きなカメラを向けると緊張する人って多いんですけど、チェキだったら「あ、なんか撮ってるな」くらいの感じで、その場の空気を乱すことなく自然に撮れる。そこがまたいいですね。

Q:スクエアだと写せる範囲も広がりますが、撮り方は画角に合わせて変えているのでしょうか?
フクモト:人物をとらえつつも、何もない空間を残すのが好きなんです。例えば、モデルさんを中心に置いて撮ってもいいかもしれないですけど、あえて少しずらして余白を残す。この空間が個人的にすごく好みで。これって、スクエアだからできることじゃないですかね。

Q:今回の作品は、どんなテーマで撮影されたのでしょうか?
フクモト:モードと日常の間、ですかね。モノクロフィルムを使うんだったら、ちょっとモードっぽい感じにしようかなと思って、撮影という非日常の場面でのオフショットを撮りました。

Q:モノクロの質感いいですね。どれも綺麗です。
フクモト:スクエアのモノクロフィルムは、白飛びせずにしっかり階調が出ているので、仕上がりを見たときはちょっとびっくりしました。

▼フクモトヒロスケさんのそのほかの作品は、こちらから!
https://www.shutter-mag.com/squareup/gallery_fukumoto.html

モノクロから生まれたカラー

Q:いまやモノクロがフクモトさんのカラーになっていますが、「GOOD ROCKS!」の創刊当初はカラーで撮影されていたんですよね?
フクモト:そうですね。初めはカラーでしたが、印刷費が半分以下になるという理由でモノクロに変更したんです。予算的な問題がきっかけだったんですけど、今では逆にモノクロというのが、メディアとして、また僕個人としての色になっているように感じます。

Q:そんな裏話があったのですね!個人的にモノクロに憧れがあるのですが、色を残さないという勇気がなかなか出ません…。
フクモト:わかります。カラーで撮って、あとから現像で白黒にするというのもできるんですけどね。でも、カメラのモニターで白黒になっていると仕上がりもイメージしやすいんですよ。なので、僕は最初からモノクロの設定で撮っています。

Q:「GOOD ROCKS!」を創刊する前は専門学校に通われていたとのことですが、雑誌を作りたい思いは昔からあったのでしょうか?
フクモト:はい、エディトリアルデザイン学科に通っていました。最初は大阪のショップ取材など、フリーライターとしてファッション誌の仕事をしていて、徐々にカメラを始めたという感じですね。

Q:雑誌を作りたいと思ったのはなぜしょうか?
フクモト:うーん、なんででしょうかね?漠然と憧れていたというミーハーな感じです(笑)。でも、作りたいと思ってもどうしたらいいかわからないし、出版社に簡単には入れなそうだし。だったら自分で雑誌を出せばいいと思って、フリーライターと警備員のバイトをしてお金を貯めていました。「GOOD ROCKS!」を創刊してからも、最初の5年くらいはずっとバイトしていましたね。この仕事だけで食べていけるとは思っていなかったです。

Q:写真も始められたのはいつ頃でしょうか?
フクモト:ファッション誌の仕事をしてる時に最初はカメラマンを手配していたのですが、日程の調整が難しかったりして。ならば、自分でやってしまった方が早いかなと。ちょうど当時、フィルムからデジタルに変わるような時期だったので、思い切ってデジタルカメラを買ったのがきっかけですね。

Q:初めのうちは何を撮っていらっしゃったんですか?
フクモト:ずっとファッションスナップ撮影をやっていました。続けていたら次第に撮れるようになっていたので、音楽の取材なども振ってもらえるようになりました。自分で雑誌を出したいという思いが強かったので、勉強させてもらいながら続けていました。

Q:コツコツと知識と経験を増やしていったのですね。
フクモト:編集者さんの好みもあって、いいと思った写真ってなかなか使ってもらえなかったりするじゃないですか。自分に子供っぽいところがあるからか、そういった点に違和感を感じて、雑誌を出したいという欲が増していきました。

「GOOD ROCKS!」の創刊

Q:思いが強くなって、ついに創刊したんですね。
フクモト:半年くらいは続けていけるかなというくらいお金が貯まったので、28歳くらいの時に初めて「GOOD ROCKS!」を出しました。取り次ぎや出版のルールなどの知識が全くないまま書店に営業をして、ほとんどが門前払いでした。当時は大変でしたが、めげずに活動を増やしていきました。

Q:諦めずにここまで続けてこられた原動力は、何かあったのでしょうか?
フクモト:これといってないです。なんて言ったらダメなんですけど(笑)。ちょっと休憩したいなという時もあるんですけど、次の号があるから動かなきゃいけないって、そんな感じでずっと続いてもう十数年(笑)。

Q:大変なことも多そうですが…。
フクモト:最初は手探りで、こういうのはダメ、こういうのはいいという感覚がわからなくて。メディアや他の雑誌をよく参考にしていたんです。参考書のようなものを読むと、文字の大きさは何ポイント以下にしないといけないとか事細かに書いてあるんです。ルールを守っていた時もあるんですけど、今は誰に言われるわけじゃないので自由に作っていますし、創刊当時よりスタッフも増え、いろいろ助かってます。

Q:雑誌を作る上で意識されていることはありますか?
フクモト:以前、映画プロダクションの方に嬉しいことを言っていただけたんです。「『GOOD ROCKS!』を見て映画を観に行く人が増えるかどうかはわからないけど、タレントのイメージアップにつながる」って。その言葉を聞いて、そういうところを目指したいと感じたんです。今の時代、即時性が高いのはWEBメディア。雑誌の場合、1〜2カ月後に取材した内容が形になります。その期間に変化することはあるだろうし、時間とともにタレントさんの考え方も変わっていきます。情報の早さが求められることはWEBメディアに任せて、「GOOD ROCKS!」では物や人のイメージアップなどの視点で考えてくれたら嬉しいですね。活字と白黒写真だけで作品の良さを伝えるのはなかなか難しいと思うので、それよりも人の良さを伝えるように意識しています。

Q:撮影時のフクモトさんのスタイルはありますか?
フクモト:モデルさんにかわいいね、かっこいいねと声を掛ける方もいるかもしれませんが、僕の場合、コミュニケーションってあまり取らないんですよ。しゃべらないカメラマンって言われるくらい。指示も最低限。好かれなくていいから嫌われないようにする方がいい、と最近思っているんです。でも今後はちょっと踏み込んでいこうかなとも考えているんですけど(笑)。

Q:好かれなくていいから嫌われないように…。人に好かれたいと考える人の方が多いと思うので、なんだか新鮮な考えです。
フクモト:雑誌を続けなければならない、という責任も理由の一つですね。僕が撮影をしているので、カメラマンNGになると雑誌自体がNGになってしまい、全体に影響することになるんです。

Q:今後の展望はありますか?
フクモト:ジャパニーズカルチャーの写真を撮って、海外で写真展を開催したいですね。「GOOD ROCKS!」の表紙を英語表記にしているのは、海外を意識しているからなんです。構想段階なので、着物なのかコスプレなのかまだわからないですけど。ロリータファッションも日本ならではの文化だと感じているので、いろいろ探りながら次のステップに進んでいきたいです。

写真=山田敦士
取材=百佐保里

プロフィール

フクモトヒロスケ(ふくもと・ひろすけ)
「GOOD ROCKS!」編集長
大阪府出身。カルチャーを発信するマガジン「GOOD ROCKS!」の創刊者であり、同誌の編集長兼カメラマン。アーティストや俳優・女優などのポートレートをモノクロで撮影し、その独自の世界観で多くのファンを魅了する。
http://rocks-ent.com/

フクモトヒロスケさんが撮影したチェキは、こちらから!

さまざまな著名人が撮影したチェキスクエアギャラリー「SQUARE UP!」
https://www.shutter-mag.com/squareup/

写真展情報

FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)では、2020年11月27日(金)から12月28 日(月)まで、instax“チェキ”写真展「instax SQUARE SQ1」GALLERYを開催しています。

<写真展概要>
企画展名:instax“チェキ”写真展「instax SQUARE SQ1」GALLERY
モトーラ世理奈/鈴木仁
阿久津ゆりえ/植田真梨恵/かくたみほ/加藤順子/kisimari/熊谷直子/古性のち/野本敬大/フクモトヒロスケ/MARCO/宮川大聖/山口大貴(五十音順・敬称略)
開催期間: 2020年11月27日(金)~12月28日(月) 会期中無休
10:00–19:00(最終日は16:00まで、入館は終了10分前まで) 会期中無休
会場: FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)
〒107-0052 東京都港区赤坂9丁目7番3号(東京ミッドタウン・ウエスト)
入 館 料:無料
URL http://fujifilmsquare.jp/

写真カテゴリの最新記事