2020.5.22 サイトリニューアル!新着記事更新中

【SQUARE UP!】写真家・kisimari インタビュー 型にとらわれず自由に写真と触れ合う

【SQUARE UP!】写真家・kisimari インタビュー 型にとらわれず自由に写真と触れ合う


instax“チェキ”のスクエアフォーマットギャラリーサイト「SQUARE UP!」では、チェキスクエアの作品を掲載。本ギャラリーでは、自らの世界を切り開くアーティストたちが撮影する写真を通して、表現することの面白さを世の中に伝えていきます。

SQ1で切り取る世界

写真家として活躍されるkisimariさんに、インスタントカメラinstax“チェキ”の新製品「instax SQUARE SQ1」(以下、SQ1)で撮影していただき、写真やご自身についてお話いただきました。

▼さまざまな著名人が撮影したチェキスクエアギャラリー「SQUARE UP!」もチェック!
https://www.shutter-mag.com/squareup/


Q:こんにちは!SQ1で撮っていただいた作品や、kisimariさんご自身についてお話をお伺いできたらと思います。
kisimariさん(以下、kisimari):よろしくお願いします。

Q:SQ1で撮影された作品を拝見しました。どこで撮られたのでしょうか?
kisimari:娘のnicoにモデルになってもらって、大井競馬場で撮影しました。実はこの場所、昔のアルバイト先だったんです(笑)。

Q:大井競馬場でアルバイトされていたんですか!
kisimari:はい(笑)。カメラマンになる前、いくつかアルバイトをしていたんです。ヨドバシカメラで写ルンですの店頭販売をしたり、パーティーコンパニオンをしたり、興味のあることがたくさんあったのでいろいろやっていましたね。

Q:SQ1で撮影してみていかがでしたか?
kisimari:撮影の時間帯によって、異なる雰囲気に仕上がるので面白かったです。昼間だと淡い色合いになるのに対して、夜は周囲の光が入り込んで、暗闇と光のコントラストでビビッドな雰囲気になりました。今回、大井競馬場のイルミネーションを背景に撮影してみたんですけど、フィルムに出る発色が鮮やかで、光の色彩が豊かに浮かび上がりました。

Q:nicoさんの衣装とイルミネーションの華やかな色味が合っていて、素敵ですね。
kisimari:スタイリストさんにお願いして、衣装をスタイリングしてもらいました。娘は高校生なんですけど随分大人びていて、ポージングや写り方など、私が指示しなくても日常的に目にするものから自然と身に付けているようです。

Q:これまで、スクエアフォーマットで撮影したことはありましたか?
kisimari:初めてスクエアのチェキを使ったのですが、すごく撮りやすくて、スクエアに入る被写体のバランスを考えながら撮るのが楽しかったです。ファインダーから見える景色と、実際にレンズに写る風景は少しズレがあるので、あえてファインダーを覗かずにシャッターを切ったりなど、いろんな撮り方を実験的に試してみて刺激を受けました。


▼kisimariさんのそのほかの作品は、こちらから!
https://www.shutter-mag.com/squareup/gallery_kisimari.html

自分の気持ちに忠実に

Q:ところで、カメラマンになったのはいつ頃なのでしょうか?
kisimari:22歳くらいかな?最初にいただいた仕事が、知り合いからの紹介で書籍の表紙撮影でした。そのときは自分で焼いてないんですけど、たまたまモノクロだったんですよね。カメラマンになる前、モノクロプリントの焼きを勉強したくて、アルバイトを掛け持ちしてお金を貯め、バンタンキャリアスクールの夜間クラスに通っていました。プロカメラマンとしての初めてのお仕事は、今でも記憶に残っています。

Q:昔からカメラマンを志していたのでしょうか?
kisimari:もともと映画が好きだったので、映画監督や映像を作るお仕事に就きたいと思っていました。映像系は興味のある分野なので、少しずつやっていけたらいいなと今後の展望として考えています。写真は父が趣味で撮っていたので、10代の頃によくカメラを借りていました。

Q:写真家としての道を本格的に考えるきっかけとなったのは、何でしょうか?
kisimari:ミュージシャンが好きで、ポートレートやライブの写真を撮っていたんです。最前列でライブを撮れるというのがカメラマンになろうと思った最初のきっかけかもしれません(笑)。当時はHIPHOPが全盛期。ダブやハウスミュージックが好きで、新宿リキッドルームなどでよく撮影させていただいて、音楽雑誌の「音楽と人」をフィルムで撮っていました。友達にプリントの仕方を教えてもらって、プリント入稿したり、デジタルが多くなった今ではなかなか想像がつかないかしれませんね。

Q:現在は雑誌の表紙や広告撮影など、幅広く活躍されていますが、紆余曲折はありましたか?
kisimari:わたしの場合、誰に師事することなく、自分で営業をして仕事を取ってくるというスタイルでした。知り合いやツテがない中で一人で飛び込むというのは、一筋縄では行かず、もどかしく感じることもありました。

Q:厳しい道を歩まれてきたと思いますが、くじけずに続けてこられたモチベーションとは何だったのでしょうか?
kisimari:広告やファッション撮影の仕事があるのを知らなかったんですよ(笑)。なので、スナップ写真から始めて、徐々に幅を広げていきました。ライティングを組んでブツ撮りをしたり、夜のクラブの撮影をしたり、建物の内観や外観を撮ったり。できないことはカバーしながら。勉強しながら一つ一つこなしていくことで、自分の身になっていくのを感じていたので苦を感じることはありませんでした。

Q:ご自身で、一から学ばれたんですね。
kisimari:人の助けを借りながらですね。撮影スタジオで働いている周りの友達や、フィルムができる人に教えてもらって、随分と周りに支えてもらいました。編集部に行くと、スタジオに入った方がいいとか、誰かに師事した方がいいなど、よくアドバイスをいただいたんですけど、自分の中ではいまいちピンと来なくて。一人で手探りで進んでいた分、ストレートにはいかず時間がかかりました。でも、遠回りしてきた道のりが今のわたしを作っているので、その一個一個が必要な出来事だったのだと思います。

Q:写真に関連して、今後やってみたいことはありますか?
kisimari:自分で焼いたモノクロ写真に着色してみたいです。2年ほど前からやろうやろうと思っていたんですけど(笑)。偶然、明治時代を代表する写真家・日下部金兵衛が着色した彩色写真を見て、その技法が気になっていろいろ調べたんです。実際に、顔料を水で溶いて塗ってみたんですけど、少し色が浮いてしまい思うようにいかず…。なので、昔にとらわれずに、塗り絵をするような感覚で自由に試そうと、代わりにヘアメイクで使うような発色のいい練り化粧を使ってみたりしました。現在はデジタルが主流としてあって、あらゆるものが揃って何も不足がない状態。その点、手仕事というのは時間がかかるし、技量も求められる貴重な存在。原点に戻るという意味でも、彩色写真は挑戦したいことの一つです。

Q:写真っていろんな楽しみ方がありますね。
kisimari:モノクロ写真って時間が経つと茶色くなるじゃないですか。その古い質感を出したいって、プリントを担当してくださる人に聞いてみたことがあるんです。そしたら、漬物につけてみなって言われたんです。それで実際に、ぬか床につけてみたんですよ。臭くなるから外でね(笑)。すると、本当に昔っぽい質感に仕上がってびっくり。イメージとしては、酵母で写真を熟成させるような感じですかね。マニアックな話になってしまうんですけど、自己満足した出来事でした(笑)。

第2の人生を生きるマダムたちへ「TOKYO MADAM」プロジェクト

Q:写真家として、最近ではどんな活動をされていますか?
kisimari:わたしが撮影とアートディレクションを行う「TOKYO MADAM」を始めました。第二の人生を歩むマダムたちに、もっとファッショナブルに輝いてもらうために、プロのクリエイターたちがメイクアップとスタイリング、撮影をしていくプロジェクトです。
▼TOKYO MADAM
https://kisimarixxx.wixsite.com/tokyomadam

Q:「TOKYO MADAM」を始めたきっかけは何でしょうか?
kisimari:若い世代にはプリクラやファッション、コスメで盛る文化や、一人で楽しめる娯楽や情報が溢れている一方、80歳に向けたファッション雑誌や70歳に向けた写真加工アプリはないんですよね。自分の年齢も人生の折り返し地点にきており、第二の人生を考えたときに、ワクワクするような新しいことやユーモアがなかったらなんだかつまらないなぁと感じたんです。日本全体として見たときに、高齢化社会の一途を辿りつつあり、最近は介護問題や孤独死などネガティブなニュースも多いじゃないですか。老後をもっとカラフルに、明るく輝いたものにしたいと思い、「TOKYO MADAM」というプロジェクトを始めました。

Q:どんなマダムの撮影をされているのでしょうか?
kisimari:先日は近所のお琴の先生にモデルになっていただき、日常の姿とメイクアップ後でビフォーアフターを撮影し、インタビューを行いました。人生の先輩から下の世代の女性たちに向けた応援メッセージやアドバイスはとても励みになり、元気を与えることを目的に始めたプロジェクトですが、逆に勇気付けられました。

Q:ビフォーとアフターでマダムの表情が違いますね!キラキラしています。
kisimari:やっぱり女性はいくつになっても、メイクやファッションが楽しいですよね。ご本人に好きな色などを伺ってスタイルのイメージボードを作り、ヘアメイクさんにメイクアップ、スタイリストさんに衣装のスタイリングをお願いして、一から丁寧に作り上げています。今後も、シニアの方たちがハッピーに輝いている姿を、新しい第二の人生の幸福論として共有していき、いずれは展示をしたいなと考えています。

Q:作品の中で使われている色がすごく素敵ですね。
kisimari:昔から原色やビビッドなカラーが好きです。子どもの頃、母が野花をとってきて飾ってくれていたんです。野花って鮮やかなピンクや黄色とか、色が濃いじゃないですか。なので、子どものときに日常的に目にした花の色から影響を受けているんじゃないかなと思います。

Q:カラフルがお好きなのは、幼い頃の記憶と関連しているんですね。
kisimari:色って奥が深いなぁと思います。西洋と東洋で色の違いがあると思うんですよね。両方好きなんですけど、どちらかというとに東洋的な色味が個人的に好みかもしれません。たとえば、神社やお寺に描かれた絵って、蓮に蛍光ピンクが使われていたりとすごく派手じゃないですか。西洋的な派手な色も好きなんですけど、自分がもっと好きなのは東洋的な原色。宗教画に使われている色って、かなりビビッドで濃いんですよ。

Q:クリエイティブなお仕事だと、感性を保つために精神的なメンテナンスが必要そうですが…。何か意識的にされていることはありますか?
kisimari:ジムに行って体を動かしたり、睡眠をよくとったり、絵を描いたり。人に会うというよりは一人の時間を作るようにしています。つい頑張っちゃう性格なので、なるべく自然体でいるように心掛けています。やりたいことは無理にやらうとせず、やってみようかなという感じで。一生懸命になり過ぎると息切れしちゃう。以前は、しなければならない、という考えに囚われている自分がいたんですけど、無理していたかな、力が入り過ぎていたかな、もう少し流れに身を任せようかな、と40歳を過ぎてやっと抜けるようになってきました。

Q:セルフポートレートの撮影など、「大根まま」というアーティスト名で活動されていますよね?名前の由来がとても気になります…!
kisimari:大根って、主婦が買い物するじゃないですか。わたしも子育てをしながらファッションを楽しんでいるけど、日常的にはスーパーで安い大根を買う。するとだんだんファッション脳じゃなくて、主婦脳になってしまっていたんです。だったら、おしゃれな雑誌にある一週間コーデのように、大根持ってファッショナブルなスタイルをやればいいじゃないか…!と、突然インスピレーションが降りてきたんです。ファッションだけだと普通。でも、大根を持つことでダサい。そのちぐはぐな感じを表現したいと思い、「大根まま」になりました(笑)。
▼大根まま
https://www.daikonmama.com

Q:これからの展望はありますか?
kisimari:外国に住みたい、という夢がありまして。海外特有のカラフルな色使いだったり、環境や文化、さまざまな面で興味があります。日本一カ所に留まらず、いろんなところを転々として暮らしていけたらいいですね。あとは、何でもやってみよう!というタイプなので、これからも新しいことは続けていきたいです。SQ1での撮影も、当初は夜の撮影を考えていなかったんですけど、試してみたらイルミネーションの発色がスクエアにくっきりと写し出されていて、驚きと発見がありました。いつかまた海外の風景をSQ1撮影したいですね!

写真=山田敦士
取材=百佐保里

プロフィール

kisimari
写真家
2001年よりフリーランスフォトグラファーとして活動を始め、2014年よりクリエイティブカンパニーW所属。
雑誌、広告、カタログ、CDジャケット、ムービーなど幅広く活躍し、空間演出も手掛ける。2016年トータルディレクションをした『超ハッピーになれる♡部屋bykisimari』を出版。フォトグラファーのみならず、アートディレクターとしても活躍の場を広げている。
https://wtokyo.co.jp/artists/kisimari/
@kisimari_love
https://www.instagram.com/kisimari_love/
@daikonmama42
https://www.instagram.com/daikonmama42/

写真カテゴリの最新記事