2020.5.22 サイトリニューアル!新着記事更新中

【SQUARE UP!】モデル・モーガン茉愛羅 インタビュー 自然体な自分で、心に触れていくものを撮っていく

【SQUARE UP!】モデル・モーガン茉愛羅 インタビュー 自然体な自分で、心に触れていくものを撮っていく

instax“チェキ”のスクエアフォーマットギャラリーサイト「SQUARE UP!」では、チェキスクエアの作品を掲載。本ギャラリーでは、自らの世界を切り開くアーティストたちが撮影する写真を通して、表現することの面白さを世の中に伝えていきます。

SQ1で切り取る世界

モデルとして、女優として。さまざまな面を持ち合わせ、その幅広い表現力が注目されているモーガン茉愛羅さん。インスタントカメラinstax“チェキ”の新製品「instax SQUARE SQ1」(以下、SQ1)で撮影していただき、写真やご自身についてお話いただきました。


▼さまざまな著名人が撮影したチェキスクエアギャラリー「SQUARE UP!」もチェック!
https://www.shutter-mag.com/squareup/

Q:こんにちは!SQ1で撮っていただいた作品や、茉愛羅さんご自身についてお話いただけたらと思います。
モーガン茉愛羅さん(以下、茉愛羅):よろしくお願いします!

Q:これまでにチェキを使ったことはありましたか?
茉愛羅:もともと好きなので、今回SQ1で撮ってみて楽しかったです。以前、毎日チェキで自撮りする、という企画を自主的にやっていたこともありました(笑)。チェキで自撮りするのって、楽しいんですよ。

Q:スクエアのチェキで撮っていただきましたが、いかがでしたか?
茉愛羅:友達に借りて海外で少しだけ使ったことはあったんですけど、作品を撮るのは初めてでした。画角に写る世界が広いので、自分の目で見たものをよりリアルに写せるように感じました。そういった点で、スクエアの方が視覚に近いのかなぁと考えてみたり。

Q:正方形って魅力がありますよね。
茉愛羅:はい、真四角っていいですよね。写真が箱の中に収まっている感じがして、見るたびにかわいいなって思います。

Q:飼ってる猫ちゃんですか?
茉愛羅:名前はマロンです。私が栗好きなので(笑)。パソコンで作業をしていると、いつも側によってきて邪魔してくるんですよ。もう9年一緒にいます。

Q:こちらは海で撮られたんですか?
茉愛羅:はい、逗子ですね。鯖とクリームチーズのベーグルを食べながら、一人で海を眺めていました。学生が浜辺でビーチバレーをしていて楽しそうだったなぁ。

▼モーガン茉愛羅さんのそのほかの作品は、こちらから!
https://www.shutter-mag.com/squareup/gallery_malamorgan.html

心に触れていくものを撮るために、嘘のない自分でありたい

Q:写真を撮るときのインスピレーションは、何から受けているのでしょうか?
茉愛羅:写真ではなく、自分が過ごす身近な日常から得ています。街を歩くのが好きなので、道中で出会った人やものからアイデアが浮かぶことが多いです。忘れてしまわないように思いついたことはメモを取るようにしているので、メモ帳は必須なんです。

Q:外に出てアクティブに動かれるんですね!
茉愛羅:じっとしていられないので、休日も出かけることが多いです。海に行ったり、喫茶店やサウナに行ったり…。結構、アウトドアなんです。サウナがすごく好きで、この後も行く予定です(笑)。

Q:モデルだけでなく写真も撮影されていますが、普段からフィルムを使っていらっしゃるのでしょうか?
茉愛羅:はい。シャッターを切るときの音や、質感がとても好きです。フィルムから始めたので、好きという部分もあり、自分にとってとても自然なものです。仕事で使う時などは、やはり何が起こる分からないのがフィルムカメラなので心配になることもありますが、それを乗り越えた時にやっぱりフィルムが好きだと思うし、これからも作品を作っていきたいなと思います。

Q:ところで、写真を始めたのはいつ頃なのでしょうか?
茉愛羅:フィルム写真を始めたのは、高校生のとき。知り合いの人から、引っ越しでいらなくなったというカメラをもらったことがきっかけでした。当時は露出やら何やら、もう全部がわからない状態。ブレブレだったり白飛びしすぎてしまっていたり、失敗を繰り返していました。

Q:それから、本格的に撮影をされるようになったんですね。
茉愛羅:20歳くらいだったかな。アパレルブランドのアザーを撮る機会をいただいたんです。「あぁ楽しいな」って、撮影していて自分が高揚しているのを感じました。「もっと撮っていきたい、もっと自分の作品を見てみたい。写真を自分のもう一つの軸できたらどれほど幸せだろう」って。気づけばそんな思いが生まれていました。

Q:写真展も開催されたとうかがいました。
茉愛羅:もっと写真と向き合いたいと感じるようになって、写真展を開催しました。写真集も作り、頭の中に描いていたことがどんどん形になっていき、本格的に撮影を行うようになりました。幸運なことに、私の周りには積極的な人が多くて、常に刺激を与えてくれる環境でした。自分も前進していきたい、と思わせてくれる身近な存在はとても大きかったです。20歳という歳はお金がなかったり、行動するにもどうしたらいいかわからなかったりすることが多く、もどかしい時期だと思います。もし自分が違う場所にいたらどうなっていただろう、違う友達に会っていたらどんな人生を過ごしていたのかな、ここまで写真に取り組みたいと思えていたのだろうか、とたまに考えます。歩んできた道、出会ってきた人、自分が触れてきた物たち。そのすべてがこれからの未来に繋がっていくのだと思います。

Q:どんな瞬間に写真を撮りたいと感じますか?
茉愛羅:日常の風景を撮っていくのは、昔から変わらず好きです。その時々の当たり前を撮っていても、2年後、3年後に見返すと「あぁ、あの瞬間ってすごく大事な瞬間だったんだ。生きているんだな」って再認識することができます。最近は、人生のうちの大事な節目節目も写真に残していきたいと考えるようになりました。

Q:大事な節目を写真に残すっていいですね。
茉愛羅:先日、成人式の写真を撮影させていただいたんですが、本人やご家族の笑顔をファインダーから覗いていたら、幸せをおすそ分けしてもらったような気持ちになりました。大切な瞬間に立ち合わせていただいたことで、本当に心に触れていくものを撮っていけるようになれたらいいな、と感じました。人を撮るときは特に、自然体でありたい。素敵なところを撮りたい一心だし、それを見せてもらえるように、私自身が嘘なくいたいと思います。

Q:茉愛羅さんとお話していたら、考え方や笑顔が素敵だなぁと感じました…!周りからは、どんな性格と言われることが多いですか?
茉愛羅:なんだろう…。明るい、パワフル、と言われることが多いかもしれません(笑)。自分が落ち込んでいるときに友人と会っても、「茉愛羅に会えて元気もらえた!」って言ってもらえることがあったりして。「私は落ち込んでたのに、逆に元気あげられてたの!?」ってびっくりしました(笑)。

Q:作品制作についての今後の展望はありますか?
茉愛羅:写真集はまた作りたいですね。写真をまとめる工程も好きです。撮影時は統一感を考えて撮っているわけではないのに、まとまったときに一つのストーリーができているのがなんだか不思議で楽しいです。あとは、普段、フィルムを使用しているので外で撮影することが多いのですが、スタジオ撮影にも興味があるので現場に同席させていただいて、ストロボを使った屋内の撮影も勉強中です。知識や経験を積み重ねて、表現の幅を広げていきたいです。

写真=山田敦士
取材=百佐保里

プロフィール

モーガン茉愛羅
1997年9月11日生まれ。モデルや女優として活躍するだけではなく、フォトグラファーとしてもアパレルとのコラボに参加など活躍の場を広げ、2018年に自身初の写真展「RootsRoutes」を開催。2019年にはMarc Jacobsのソーシャルグローバルキャンペーン「HEY ME, How was it back then?」の撮り下ろしの展示、2020年春にはPaul Stuart advanceとのアートコラボレーションも発表。
@malaciel
https://www.instagram.com/malaciel/
@mfilmms
https://www.instagram.com/mfilmms/

モーガン茉愛羅さんが撮影したチェキは、こちらから!

さまざまな著名人が撮影したチェキスクエアギャラリー「SQUARE UP!」
https://www.shutter-mag.com/squareup/

写真カテゴリの最新記事