2020.5.22 サイトリニューアル!新着記事更新中

【SQUARE UP!】俳優・水石亜飛夢 SQ1が変えた僕の日常

【SQUARE UP!】俳優・水石亜飛夢 SQ1が変えた僕の日常

instax“チェキ”のスクエアフォーマットギャラリーサイト「SQUARE UP!」では、チェキスクエアの作品を掲載。本ギャラリーでは、自らの世界を切り開くアーティストたちが撮影する写真を通して、表現することの面白さを世の中に伝えていきます。

SQ1で切り取る世界

役者として活躍される水石亜飛夢さんに、インスタントカメラinstax“チェキ”の新製品「instax SQUARE SQ1」(以下、SQ1)で撮影していただき、写真やご自身についてお話いただきました。


▼さまざまな著名人が撮影したチェキスクエアギャラリー「SQUARE UP!」もチェック!
https://www.shutter-mag.com/squareup/

Q:こんにちは!SQ1で撮っていただいた作品や、ご自身についてお話をお伺いできたらと思います。
水石亜飛夢さん(以下、水石):よろしくお願いします。

Q:さっそくですが、スクエアのチェキを使ってみていかがでしたか。
水石:チェキは以前から使っていましたが、スクエアでは初めて撮影しました。真四角の画角に慣れていなくて、最初のうちは撮るのに必死でした。このあたりかな?と思ってシャッターを切ったら、被写体が収めたかった位置からずれて写ってしまって(笑)。難しくもありましたが、楽しさの方が深く心に残りました。SQ1を持ち歩く日々を過ごしてみて、今まで見ようとしなかったところに目が向くようになって、何か面白いものはないかなぁと外の世界と向き合う自分がいました。SQ1が側にあるだけで、こんなにも日常が変わるだなんて思ってもみませんでした。

Q:大人数でのセルフィー、いいですね。みなさんの仲の良さが伝わります。
水石:ドラマ「魔進戦隊キラメイジャー」で共演した仲間と撮りました。僕はキラメイブルーとして出演させていただきました。この写真は、みんなと取り組む最後のお仕事をしたときに撮影しました。

▼水石亜飛夢さんのそのほかの作品は、こちらから!
https://www.shutter-mag.com/squareup/mizuishiatomu/

Q:青空を背景にしたビールの写真。すごく美味しそうですね…!
水石:「魔進戦隊キラメイジャー」の撮影時、アクションチームの方々とご一緒させてもらって定期的にアクション稽古を行っていました。スタジオの上にビールサーバーがあって、200円を入れると誰でも飲めるんです。体を動かした後に青空の下で飲む1杯は格別でした(笑)。

Q:ドライフラワーを写したチェキも素敵です。
水石:クランクアップのときや自身のイベントでいただいたお花をドライフラワーにして部屋に飾っています。

Q:背景の木々と水石さんの白い服のコントラストが映えてますね。
水石:友人と等々力渓谷を散歩しました。本当は青々とした葉の緑を写そうと思ったんですけど、想像以上に生い茂っていて…(笑)。思いのほか暗めに仕上がりました。

歩み出した役者への道

Q:俳優の道へ進まれたきっかけは、何でしょうか。
水石:高校生のときに地元でスカウトしていただいたことが始まりです。正直、当時の僕には興味がなく、全く縁のない世界でした。でも足を踏み入れてみて、芝居の楽しさに気が付いたんです。心の内にあるものを表現したいという自我の思いはなくて、芝居や作品を通して人の心を動かし、誰かの毎日に少しでもプラスになるものを届けたいという願いが、役者を続けている一番の理由です。

Q:高校生のときは、ほかの夢をお持ちだったのでしょうか。
水石:いえ、ないです(笑)。将来は安泰がいいよなぁ、と小中学生のときから漠然と考えていました。でも今や毎日がギャンブルのような生活。まさか自分が俳優として生きていこうと決めるなんて、そしてこんなにも長く芸能界に身を置くことになるなんて、夢にも思いませんでした。純粋に楽しいと感じられる芝居を、今仕事にできているのはすごく幸せなことだと感じます。

Q:幼少期はどのような性格だったのでしょうか。
水石:実は、すごく閉じこもりがちだったんです。人前に出るのも運動するのも苦手。同級生と話すときですら緊張してしまうほど(笑)。今も根っこは変わっていないですけど、だいぶ社交的になりましたね。撮影で関わったたくさんの方や数々の作品たちが僕を成長させてくれました。

Q:剣道部の主将を務めていたと伺いました。
水石:一応、主将だったんですけど…、あまりかっこいい話はないですね(笑)。後輩たちがすごく強かったので、主将である僕が頼りなかったらこりゃまずいぞ…!と必死に練習していました(笑)。

Q:剣道の好きなところは何でしょうか。
水石:剣を交えて相手と対峙している瞬間は、やはりそこでしか味わえない空気があります。スポーツや武道で用いられる心技体は剣道にも共通していて、竹刀が綺麗に相手に当たったとしても、体勢が崩れていたり声が出ていなかったりしたら「一本」と認められません。精神と技術、体の動きのどれか一つでも欠けていたら成立しないんです。なので、心技体が揃ったときは嬉しいですし、澄んだ気持ちが胸に広がります。

Q:剣道の動きや所作は、お芝居に通ずるものがありそうですね。
水石:今でも集中するときには蹲踞(そんきょ)を行なっています。これは試合前にする動作で、礼のあとに腰を落として座り、すっと立ち上がるというものです。現場に入るときや舞台の本番前など、集中したいときの僕のスイッチです。でも、知らない人が見たらきっと「あの人、何やっているんだ…?」って思うかもしれませんね(笑)。

芝居に込める思い

Q:ドラマ「魔進戦隊キラメイジャー」に出演されて、いかがでしたか。
水石:幼い頃の僕がヒーローに憧れていたように、子どもたちの夢や目標になれたというのは人生の中で大きな財産です。役の立場だけでなく、僕自身もヒーローの視点で物事を考えるようになりました。ヒーローだったらこうするんじゃないだろうか、あるいは、これはしないだろう、と役柄を通じて意識が変わっていきました。

Q:子ども時代に憧れていたヒーローになった、というのは感慨深いですね。
水石:そうですね。今後もさまざまな役を演じさせていただく機会があると思いますが、何年経っても何十年経っても、きっと水石亜飛夢という名は戦隊俳優としてみなさんの心に残り続けます。その名に恥じない人間でありたいですし、役者でありたいと強く思います。

Q:俳優として、大切にしていることはありますか。
水石:自分が出ている作品や芝居を観てくださる方に、少しでも人生にプラスになる何かを届けられたら、と常に考えています。作品は何か意味があって作られるものですし、役のセリフも一言一句すべて必要なものなので存在しています。そこを意識することで届くものや込められる力が変わってくると思うので、今後も念頭に置きながら取り組みたいです。

Q:自分ではない誰かを演じる、というのは一体どんな気持ちなのでしょうか。
水石:今でも不思議です。もちろん演じ切るのは自分なので、僕しか動かせない心情ではあるんですけど。自身のものではない感情が急に込み上げてくるときは、すごく面白いです。悲しんでいる役のために、僕が代わりになって涙を流す。自分の胸にはない感情をさらけ出すのは、役者ならではの楽しさの一つかもしれないですね。

Q:水石さんの原動力となっているものはありますか。
水石:僕を思って書いてくださったお手紙やみなさんが喜んでいる顔、温かな握手。「エンターテイメントってすごい力を持っているんだ」とデビューしたときに鮮烈に感じたことをよく覚えています。当時の思いが原動力になっていて、僕が初めて俳優になれたきっかけでもあります。この気持ちは今もこれからも忘れたくないですね。

Q:応援してくださっている方の反応は、直接感じることができるのでしょうか。
水石:SNSでいただくメッセージやコメントはもちろんのこと、手紙は特に嬉しいですし、励みになります。昔から「たくさんお手紙ください」ってずっと呼びかけているんです。手書きって想像以上に時間がかかりますよね。たとえ定型文であっても、手を動かしてくださった時間は僕に対して充ててくれたもの。それを思うと1通1通がかけがえのない宝物です。心が込もっているのがわかるので、手紙は欠かさず読んで大切に保管しています。

Q:今後、挑戦したいことはありますか。
水石:バンジージャンプ!意外と優柔不断な面があって、踏み出すまでに時間がかかるタイプなんです。バンジージャンプをしたら少し価値観が変わりそうじゃないですか?(笑)

Q:最後に、写真を撮りたいと感じるのはどんなときですか。
水石:この時間を残しておきたい、と感じるときですかね。撮った写真をしばらく経って見返したときに、当時の光景や交わした会話を思い出すはず。「時間を切り取る」と言うと、なんだかかっこつけた言い方になってしまいますけど。チェキを持っているだけでこんなにも世界の感じ方が変わるものなんだって、SQ1が気付かせてくれました。

写真=山田敦士
取材=百佐保里

プロフィール

水石亜飛夢(俳優)
1996年1月1日生まれ、神奈川県出身。映画『鋼の錬金術師』、映画『センセイ君主』、ドラマ『あなたの番です。』、ドラマ『魔進戦隊キラメイジャー』など多数出演。
@atom_mizuishi
https://www.instagram.com/atom_mizuishi/

写真カテゴリの最新記事