2020.5.22 サイトリニューアル!新着記事更新中

よゐこ・濱口優 撮影!中﨑絵梨奈 2021年カレンダー発売記念 対談インタビュー

よゐこ・濱口優 撮影!中﨑絵梨奈 2021年カレンダー発売記念 対談インタビュー


よゐこ・濱口優さんがカメラマンとして撮影を行った、中﨑絵梨奈さんの2021年カレンダーが2020年10月30日に発売されました。ぷに子ユニット「Chubbiness」で芸能界デビューを果たし、現在はソロとしてグラビア、タレント、女優など幅広く活躍されている中﨑さん。以前から交流のあったお二人ですが、この度ついに念願のカレンダー撮影が叶ったのだそう。撮影時のエピソードや、来年の抱負についてお話を伺いました。

Q:よゐこの濱口優さんが、中﨑絵梨奈さんの2021年カレンダーの撮影を行われたということで、カレンダーの出来上がりを見ていかがですか?
中﨑絵梨奈(以下、中﨑):これまで2回ほどカレンダーを出したことがあるのですが、ここまでぐっと大人っぽいものを撮っていただいたのは初めてで、すごく新鮮な感じ。濱口さんのフェチがたくさん詰まってます(笑)。

Q:濱口さんのフェチですか?(笑)
中﨑:こういうのを撮りたいとか、打ち合わせの段階からいろいろ提案してくださいました。
濱口優(以下、濱口):僕の中で、中﨑さんは清楚でかわいいというイメージがあったので、まだ出ていないエロさをどう引き出していこうか、と常に考えていました(笑)。

Q:中﨑さんの色気をどのようにして引き出していったのでしょうか?気になります!
濱口:「きたきたきた!」って褒めました(笑)。アシスタントのカメラマンさんと「いやぁ、これはエロいね〜。グッときますね」って。本人もまだ気づいていない魅力があるんですよね。
中﨑:撮られているときに褒めてもらえると、すごくテンション上がるんです。濱口さんは素で褒めてくださっている感じがあったので、私も次第にノッてきました(笑)。
濱口:うん、素で言ってた(笑)。

Q:オフィスやプールサイド、ベッドなど、さまざまなシチュエーションがありますが、特に力を入れたシーンはありますか?
濱口:OLさんの日常ですかね。朝イチに撮ったんですよ。この写真が撮れたとき、「このカレンダーは成功する…!」と確信しましたね(笑)。
中﨑:確かに、このとき一番テンション上がってたかも(笑)。

Q:そもそもどのような経緯で濱口さんがカレンダー撮影することになったのでしょうか?
中﨑:以前私は「Chubbiness」というグループで活動していて、そのときに一度、濱口さんとご一緒させていただいたことがあったんです。私がソロになってからは「グラビアすごくいいね」って褒めてくださったり、すごく良くしてくださって。「いつか濱口さんに撮ってほしいです」ってお伝えしたら濱口さんも「撮りたいね」って言ってくださり、そんなやりとりが長い間続いていたんです(笑)。

Q:以前からお二人の間に交流があったんですね。
中﨑:はい。マネージャーさんにも「濱口さんに撮っていただきたいんです」って話したところ、「じゃあカレンダーをお願いしてみようか」となり、今回撮影をお願いしました。
濱口:撮影会で濱口も少し撮りました!みたいな感じなのかと思ったら、まさかのカレンダー撮影!(笑)12カ月分全てを撮ることになって、「えぇっ!?僕が撮っていいんですか?!どうしよ!」ってなりました。
中﨑:引き受けてくださって本当にありがとうございます(笑)。

Q:撮影は何日間かけて行われたんですか?
中﨑&濱口:1日です!

Q:濱口さんは普段から写真を撮ることが多いのでしょうか?
濱口:それがないんですよ(笑)。自分のカメラは持っているんですけど、撮っても記念写真くらい。
中﨑:今回、汗だくになりながら撮ってくださいましたね!
濱口:真夏やったんで、カメラに汗がついて大変でした(笑)。プロのカメラマンさんに手伝っていただきながら撮影しました。「今日はアシスタントに戻ります!!」って、本当にできるアシスタントでした(笑)。
中﨑:すごく動いてくださってましたね。レフ板当てるときも「はい!当てます当てます!」って、的確かつ迅速(笑)。

Q:撮影が進むにつれて心境の変化はありましたか?
中﨑:最初はなんだか恥ずかしかったですね。
濱口:めちゃくちゃ緊張しました。プロが使うカメラを使わせてもらってるけど、「俺、撮れんのかな?」みたいな不安はずっと胸にあって。汗が尋常じゃなく出てきてやばかったです。
中﨑:何度もTシャツを替えてましたよね。アシスタントに服を借りるという…(笑)。替えの服をたくさん用意していて、本当に出来のいいアシスタントさんでしたね(笑)。

Q:撮影の中で難しかった点はありましたか?
濱口:中﨑さんが最初からいい表情を出してくれたんで、やりづらさも難しさも感じませんでしたね。ファインダーを覗いていると、「きた!」という瞬間がありました。それはアシスタントをやってくれたカメラマンさんも言ってましたね(笑)。「きましたね、濱口さん!きましたきました!」って。
中﨑:一気にテンションがバーンって上がる瞬間がありましたね。お二人がすごく楽しそうにしてくださって、ポーズを取りやすかったです。「よかった、きた!」って(笑)。

Q:撮影中に意識したことはありますか?
濱口:休憩中とかもコソッと撮りたくて、いかに気付かれずに撮れるかが難関でしたね。でも、鏡越しに撮っているのがバレバレで(笑)。中﨑さんは休憩もしっかりできなかったんじゃないかな(笑)。

Q:お気に入りのカットはありますか?
中﨑:個人的には、表紙になっている黄色い水着の写真かなぁ。でも、ベッドでのシーンも気に入っています。ダブルベッドの隙間に入り込んだりして、普段のグラビア撮影ではしない撮り方で新鮮でした。
濱口:そうなんや。あれ、あまりしない撮り方なんや。
中﨑:はい、セクシーなシーンを撮られることが多いんです。「そこの隙間に入ってみて(笑)
みたいなはっちゃけた感じはあまりないので、すごく楽しかったです。
濱口:僕のフェチ満載ですね。
中﨑:濱口さんがどんどんアイデアを出してくださるので、私はそれに乗っかっていく感じでした(笑)。
濱口:使えないカットもいっぱいあったと思うんですけど、ノリでどんどんシャッター切っていました。

Q:カレンダーということで、1年の振り返りをお願いいたします。今年はどんな年でしたでしょうか?
中﨑:私は自粛期間中に自分を見つめ直す時間を作って、考えを整理していました。日記を書いたり、バレットジャーナルに死ぬまでにやりたいことリストをまとめたりして。
濱口:その年齢で?「死ぬまでにやりたいことリスト」って終活の人がやることじゃない?(笑)
中﨑:まだまだ人生長いんですけどね(笑)。自分ってどんな人間なんだろうってノートに書き出しました。改めて今やっているお仕事が好きだなとか、自分がやりたいことはこういうことだなとか。自分自身について深く考えましたね。
濱口:やっぱり今年は自粛の印象が大きいですよね。午前中に起きる、三食食べる、陽を浴びるとか、そういった人間らしい生活を送るのってこんなに大切なんや!ってすごく感じました。
中﨑:芸能のお仕事をしていると、生活リズムが崩れちゃうときがありますもんね。
濱口:そう。規則正しい生活を送ることが全然できなかった。いろいろなことに気付かされた1年だったんじゃないですかね。ずっとやらせてもらっているお仕事にめちゃめちゃ感謝したし。普通にみんなと会えて、バライティーができることってこんなに楽しかったんやって、めちゃくちゃ感じましたね。いつも「1年あっという間だったな」って思うだけなんですけど、今年は当たり前だと感じていたことが、どれだけありがたいかって気付いた年かもしれないですね。

Q:2021年はどんな年にしたいですか?
中﨑:お芝居をやりたいので、女優業に力を入れたいです。グラビアをやっているからこそ身に付いた表現がたくさんあると感じていて。それらを生かしつつ、自分をもっと表現できる場所を広げていきたいなと思っています。
濱口:今年はさまざまな機会をいただいて、自分もいろいろ挑戦していこうって感じやったんですよね。たくさんのことに挑戦して、その中から定着するものもあれば、削ぎ落とされていくものも、選ばなあかんものもあるやろうし。どれが身になっていくんやろ、どれが実るんやろって。今回のグラビアも、カメラマンをやらせていただけたことが認められたら、第二弾、第三弾と続いていきますしね。これからも新しいことに挑戦し続けたいですね。

Q:2021年は中﨑さんのカレンダーを見ながら、毎月頑張れますね!
濱口:カレンダーの仕上がりを見たときに「これ俺が撮ったの?」って思わず言いましたもん。「めちゃめちゃうまいやん!
ってテンション上がりました(笑)。このカレンダーは自信持ってオススメします。
中﨑:これまでにもカレンダーを出したことがあるんですけど、今回はスタイリストさんが衣装を用意してくださったりと、初めての本格的なカレンダーなんです。それを濱口さんに撮っていただけたのがすごく嬉しくて!しかもこれほど大人っぽい私はまだみなさんに見せたことがないと思うので、濱口さんのフェチ感を探しながら楽しんで見ていただけたら嬉しいです(笑)。

写真 = 山田敦士
インタビュー = 百佐保里

プロフィール

中﨑絵梨奈(なかざき・えりな)
1993年6月8日生まれ。福岡県出身。「Chubbiness」メンバーとして活動し、2019年に卒業。 ソロとして、グラビアやドラマ、舞台などで活躍中。 2019年、「サンスポGoGoクイーン」2代目グランプリ。 プライベートでBリーグの観戦に行くほどのバスケ好き。

カレンダー情報

「中﨑絵梨奈 2021年カレンダー」
発売日:2020年10月30日
仕様:卓上A5サイズ(148×210mm)
価格:2,500円(税別)
発売:株式会社わくわく製作所
販売:ハゴロモ
撮影:濱口優(よゐこ)

フォトギャラリー

写真カテゴリの最新記事