2020.5.22 サイトリニューアル!新着記事更新中

ジョーン・ジェット(ザ・ランナウェイズ)の映画が音楽ドキュメンタリー特集「UNDERDOCS」で上映

  • 2020.07.27
  • 2020.08.03
  •  
  • 音楽
ジョーン・ジェット(ザ・ランナウェイズ)の映画が音楽ドキュメンタリー特集「UNDERDOCS」で上映

ロックンロールに人生を捧げる女性ギタリスト、ジョーン・ジェットの爆裂半生を描いた映画「ジョーン・ジェット/バッド・レピュテーション」が音楽ドキュメンタリー特集「UNDERDOCS」で上映されることが決定しました。
富や名声に左右されることはない。演奏することがすべて。女性ロックギタリストの生き様が描かれたドキュメンタリーです。

ジョーン・ジェット/バッド・レピュテーションとは?

70年代末に日本でも大ヒットした女性5人組バンド、ザ・ランナウェイズの中心メンバーであり、解散後は<ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ>としてソロ活動を続け、「アイ・ラヴ・ロックンロール」がビルボードチャート7週連続1位を獲得、2015年にはロックの殿堂入りを果たした、女性ギタリストでありロックンロールの象徴ともいわれるジョーン・ジェットの半生を描いたドキュメンタリー映画。

新旧ロック・ドキュメンタリー映画の上映企画「UNDERDOCS(アンダードックス)」の開催が決定!

予告編が解禁

今回解禁された予告編では、ジョーン・ジェット本人の言葉で「ジミ・ヘンドリックスは女性がロックンロールをやるのは<宇宙人のようだ>と語っているけど、まったくその通りだった」との言葉で始まります。
ジョーン・ジェットが「男社会」である音楽業界でサヴァイヴしてきた一端がイギ―・ポップやデボラ・ハリー(ブロンディ)の言葉とともに紹介されるとともに、当初は「かわいいね」と言われたのが後に「アバズレ」と呼ばれるように変化していった様子がジョーン本人から語られます。

多くのレコード会社に拒絶され、<ギターはいらない>と言われ、あくまで性的興味を引くための道具としてしか自身の存在を見ない世界の中で(実際、日本でレコードが発売されたランナウェイズの1stアルバムの邦題は「悩殺爆弾~禁断のロックン・ロール・クィーン」だった)、迎合せず、妥協せず、純粋にロックをやることだけを目的に生き延びてきたジョーン・ジェットの人生を垣間見れる作りとなっています。

半世紀にわたって逆境と戦い、自身の純粋な目的を成し遂げるべく生きてきた一人のミュージシャンの生き様を追った「ジョーン・ジェット/バッド・レピュテーション」は、どんな状況に陥っても自分が賛同できない世界に迎合せずに突き進むことの重要性と美しさを提示してくれると言えるでしょう。このように世の中と対峙して生きる人々は多くいますが、ジョーン・ジェットの<ロックを演奏したい><ギターを弾きたい>という純粋さと直向きさは、観る者の心に大事な何かを残してくれるに違いありません。

まとめ

本作「ジョーン・ジェット/バッド・レピュテーション」は今秋、シネマート新宿・シネマート心斎橋で開催されるロック・ドキュメンタリー特集上映映画フェスティバル、UNDERDOCSにて日本初上映されます。「事なかれ主義」の日本において、自分自身を表現することは何かと疎まれがち。ジョーン・ジェットがロックの世界で切り開いた道は「自らの人生をどのように生きるか」を、私たちに考えさせてくれることでしょう。

UNDERDOCS(アンダードックス)開催情報

上映全22作品

「ジョーン・ジェット/バッド・レピュテーション」 新作|日本初上映
「レディオ・バードマン/ディセント・イントゥ・メールストロム」 新作|日本初上映
「デソレーション・センター」 新作|日本初上映
「ジョウブレイカー/ドント・ブレイク・ダウン」 新作|日本初上映
「D.O.A.」 19年ぶりの上映
「悪魔とダニエル・ジョンストン」 14年ぶりの上映
「AMERICAN HARDCORE」 9年ぶりの上映
「ミニットメン:ウィ・ジャム・エコノ」 14年ぶりの上映
「END OF THE CENTURY」
「FUGAZI:INSTRUMENT」
「バッド・ブレインズ/バンド・イン・DC」
「ザ・メタルイヤーズ」
「ギミー・デンジャー」
「ザ・スリッツ:ヒアー・トゥ・ビー・ハード」
「ジ・アリンズ/愛すべき最高の家族」
「L7:プリテンド・ウィ・アー・デッド」
「めだまろん/ザ・レジデンツ・ムービー」
「地獄に堕ちた野郎ども」
「フェスティバル・エクスプレス」
「ザ・デクライン」
「FILMAGE:THE STORY OF DESCENDENTS/ALL」
「ザ・ストーン・ローゼズ:メイド・オブ・ストーン」

会場:シネマート新宿、シネマート心斎橋にて2020年秋開催
UNDERDOCS(アンダードックス)公式WEBサイト http://underdocs.jp/

音楽カテゴリの最新記事