2020.5.22 サイトリニューアル!新着記事更新中

世界のプリンセス・オブ・ポップ!ケイティ・ペリーの魅力&おすすめの曲5選

世界のプリンセス・オブ・ポップ!ケイティ・ペリーの魅力&おすすめの曲5選


読者のみなさんはケイティ・ペリーというアーティストを知っていますか?筆者が彼女の存在を知ったきっかけは、YouTubeでした。ラッパーのジューシーJとコラボした楽曲「Dark Horse(ダークハウス)」のサムネイル画像を見た瞬間に、自然とクリックして視聴。それから、ほかの曲もつぎつぎと聞くようになりました。今回はケイティ・ペリーの楽曲をまだあまり聞いたことがない人に向けて、その魅力について紹介していきましょう。

引っ越しが多かった幼少期


ケイティ・ペリーは米国・カリフォルニア州サンタバーバラで生まれました。両親は牧師だったために家を空けることが多く、おばあちゃん子として育ったといいます。
牧師という職業柄、両親はさまざまな場所で講演会をしていました。そうした理由から、一家は1~2年ごとに引っ越しを繰り返します。
転校が多かったことで、学校ではなかなか友達を作ることができなかったケイティ。当時は、教会に来る子どもたちと一緒に遊ぶことが多かったそうです。
まだ5歳の頃、集会にいた牧師のほうから彼女に近づいてきて、大衆の前で彼女にある一言を投げかけました。その言葉とは「君は歌手になる」でした。

「予言」が導いた未来

「君は歌手になる」と予言されたケイティ・ペリー。9歳の頃には「キラキラの衣装でステージに立ち、大勢のファンの前で歌いたい」と誓うようになります。13歳の誕生日にはギターを買ってもらい、作曲を始めました。15歳の頃には、本名のケイティ・ハドソン名義でゴスペルのアルバムを発表しています。
彼女の人生を変えたのは、英国の伝説的ロック・バンド、クイーンの名曲「キラー・クイーン」でした。この楽曲に衝撃を受けたケイティは、本格的に音楽の道を志すことを決意します。
また彼女は、友達の家で聞いたカナダのシンガー、アラニス・モリセットにも影響を受けたと語っています。素直に、自分が歌いたい曲でみずからを表現するため、教会でゴスペルを歌うことをやめて17歳でロサンゼルスに移りました。

スターへの道のり


2001年に17歳でロサンゼルスに移ったケイティは、音楽プロデューサーとしてグラミー賞受賞歴を持つグレン・バラードのスタジオを訪れます。
「自分で書いた曲があるので、聴いてくれる?」飛び込みでスタジオに来るやいなや、ギターケースを開けてオリジナル・ソングを披露するケイティ。彼女の歌を聴き、グレンはその才能に度肝を抜かれました。それから、二人はともに仕事をするようになります。
ほどなく、彼女はアイランド・デフ・ジャムと契約をしました。しかし残念ながら同レーベルで注目されることはなく、わずか1年あまりで解雇されてしまいます。

長い下積み時代を経て

LAに来てからのケイティは、長い下積み時代を送ることになります。アイランド・デフ・ジャムをクビになったあとには、コロムビアと契約。コロムビアは彼女を売り出すために、天才音楽プロデューサーチームのザ・マトリックスと組ませます。ザ・マトリックスはあのブリトニー・スピアーズやアヴリル・ラヴィーンを手がけたチームで、彼らはケイティにさまざまな注文をつけたといいます。
「アヴリルみたいになれ」と言われ、本来の個性がまったく生かせなかったケイティは、怒りをぶちまけて思わずモノを投げつけてしまうこともあったといいます。しかしやがて「これは本当の私じゃない!誰かのコピーはもうお断り」と、自分自身を曲げない決意をします。
その後、コロムビアではもう働けないという結論に至り、22歳でキャピトル・レコードに移籍しました。

再スタート後、いきなりのブレイク


キャピトル・レコードに見込まれたケイティは「I Kissed A Girl」をリリース。キャピトルでのデビュー作となる同曲は、ビルボードチャートで7週連続1位を獲得する大ヒットとなりました。
2010年には、3枚目のアルバム「Teenage Dream(ティーンエイジ・ドリーム)」をリリース。
そのアルバムに含まれている楽曲「California Gurls」、「Teenage Dream(ティーンエイジ・ドリーム)」「Firework(ファイアーワーク)」「E.T.(イーティー)」「Last Friday Night (ラスト・フライデイ・ナイト)」はすべて、全米で1位を獲得します。
同一アルバムから5曲がビルボードの1位を獲得するのは、女性シンガーとしてはポップス史上初の記録でした。つまり、あのキング・オブ・ポップことマイケル・ジャクソンがアルバム「Bad(バッド)」で達成した記録に並んだということになります。
あのマイケル・ジャクソンと並んだケイティは、世界で最もポップなスター「プリンセス・オブ・ポップ」の称号を与えられたのです。

カリスマ性とファッション・アイコンとしての魅力

Katy Perry インスタグラムより

ケイティ・ペリーのTwitterフォロワー数は1.1億万人であり、あのバラク・オバマ、ジャスティン・ビーバーについで世界3位を記録しています。また、インスタグラムのフォロワー数も9500万人近くおり、世界17位です。
なぜ、彼女は世界中の人々に支持をされるのでしょうか?ケイティには「周りをハッピーにするカリスマ性がある」と言われています。楽曲のミュージックビデオを視聴してみると、キャラクターも曲ごとに違うため、バラエティーに富んでいます。中には「不思議な国のアリス」や「オズの魔法使い」のようなおとぎ話に出てきそうなファッションを着こなしたものもあります。
また、彼女はファンを大事にします。
よく知られているエピソードとしては、ツアーに参加してくれたファンとのミーティングにみずから積極的に参加していることが挙げられます。
さらに彼女は、面会したファンに「ステージ上に立ってみない?」と交渉を申し込むこともあるそうです。ファンはもちろん歓喜して、ケイティが歌うステージに上ってダンスを楽しく踊ります。音楽性やチャーミングな人柄、そしてファッション性に加え、このようにファンを誰よりも大事にしているからこそ、多くの人に支持をされているのでしょう。

厳選!「ケイティ・ペリー」のオススメ楽曲5選

ここでは著者が「初めてケイティ・ペリーの楽曲を聴く」という人に向けて、厳選した楽曲を5曲を紹介します。

1曲目 I Kissed A Girl

キャピトル・レコードでのデビュー曲ながら、大ヒットを記録した本作。同性愛願望を告白する刺激的な歌詞と刺激的なミュージックビデオは、全米で物議を醸しつつも、ティーンネイジャーをはじめとした多くのファンから熱狂的な支持を受け、ケイティ・ペリーの名を世に知らしめました。
牧師をつとめる両親も曲の内容には批判的なコメントを寄せていますが、「自分らしく、自由に生きること」を高らかに宣言したといえるブレイク・チューンです。

2曲目 California Gurls

2枚目のスタジオ・アルバム「Teenage Dream」に収録されている、ノリの良いアップテンポなナンバーです。
ミュージックビデオでは、キャンディやアイスクリームが小道具としてたくさん使われていて、とてもカラフルです。

3曲目 Last Friday Night

「California Gurls」と同様に「Teenage Dream」から5曲目のシングルカットです。このシングルが1位を獲得したことにより、同一アルバムから5曲が1位という快挙を達成しました。
ポップス史上女性最高記録を達成し、マイケル・ジャクソンのアルバム「Bad(バッド)」に並んだ記念すべき作品です。
ミュージックビデオの中身はまるでホームドラマのような構成になっています。ライブで盛り上がる人気ソングのひとつです。

4曲目 Part Of Me

2012年のアメリカン3D自伝ドキュメンタリーコンサート映画「ケイティ・ペリーのパート・オブ・ミー」のテーマ曲です。
もし、ケイティ・ペリーについてより深く知りたい!という方は、ぜひこちらのドキュメンタリーもチェックしてみてください。

ケイティ・ペリーのパート・オブ・ミー (字幕版)

ケイティの人柄や、デビューまで&デビュー後のヒストリーがよくわかります。

ミュージックビデオのストーリーは、彼氏に裏切られた彼女が髪の毛をばっさり切って米軍に入隊する内容になっています。丁度、最初の夫であるラッセルと離婚をしていた時期に発表された曲なので、失恋の歌ですね。

5曲目 Dark Horse

この楽曲は、2013年に発表された4枚目のアルバム「Prism(プリズム)」に収録されています。サムネイル画像を見てみると、古代エジプトのシンボル「ホルスの目」が特徴的ですね。曲調もとても神秘的です。ミュージックビデオで見せるファッションも神々しく、歌姫らしいオーラを感じます。

まとめ

ケイティ・ペリーは、5歳のときに牧師から言われた「君は歌手になる」という予言の通り、世界のプリンセス・オブ・ポップとして頭角を現しました。これも長い下積み時代を耐え抜いて、楽曲を制作し続けた努力の賜物ですね。
2020年には、シングル「Never Worn White」のミュージックビデオを公開。MVでは、俳優オーランド・ブルームとの間にできた子どもを妊娠していることを発表しました。
https://www.instagram.com/p/CAGgoqpnEKV/

インスタでは喜びと希望にあふれたメッセージとともに、おしゃれな日常の様子をアップしています。今後も彼女の活動に、目が離せませんね。

音楽カテゴリの最新記事