2020.5.22 サイトリニューアル!新着記事更新中

ロモと伝説の写真家ウィリアム・クラインがコラボしたチェキワイド対応カメラ「Lomo’Instant Wide」新登場

ロモと伝説の写真家ウィリアム・クラインがコラボしたチェキワイド対応カメラ「Lomo’Instant Wide」新登場

ロモジャパンが、Lomo’Instant Wide Camera and Lenses William Klein Edition (ロモ インスタントワイド カメラ アンド レンズ ウィリアム・クライン エディデョン)の予約販売を2020年12月14日(月)より開始。なんと、チェキのワイドフィルムが使用できるカメラなんです。

ウィリアム・クラインの作品をオマージュしたデザイン

Polka Factoryとのパートナーシップを通し、コラボレーションが実現した今回のウィリアム・クラインエディション。
従来の写真の常識を壊し、映画監督としても一世を風靡したクラインは、世界的に称賛されてきました。そのスタイルは、いまなお多くのフォトグラファーたちに影響を与えて続けています。
本機種は、ワイドサイズのインスタント写真を採用し、ウィリアム・クラインの写真集を彷彿させるロモグラフィーだけの限定デザインを採用。
ロモグラフィーのオンラインショップ、直営店Lomography+にて先行予約販売がスタートしました。

さまざまな著名人が撮影したチェキスクエアギャラリー「SQUARE UP!」もチェック!
https://www.shutter-mag.com/squareup/

多重露光や21mm相当のワイド撮影も可能

完全自動露出カメラであるロモ インスタントワイドは、露出補正コントロールにより、スピーディーなストリートスナップが気軽に撮影できるカメラ。
搭載されている90mmレンズのほか、付属するワイドアングル、クローズアップアタッチメントレンズによって、焦点距離を素早く切り替えることが可能。
先行機種のロモ インスタントと同じく多重露光回数が無制限のため、クリエイティブな撮影が楽しめます。
また、本機種には21mm相当(35mmフィルムカメラ換算)のワイドアングル レンズアタッチメントも同梱。
セルフィーやワイドな画角のポートレイトやグループショット、そしてパース感を生かした建物の撮影も楽しめます。

まとめ

ウィリアム・クラインの作品の中で、ペイントされたコンタクトシートは最も有名な作品の1つでしょう。
1980年代後半、大胆な色でペイントされたコンタクトシートは、大きく引き延ばされ自由に表現されていました。
ルールに縛られず、しかし写真の本質を決して忘れないクライン。日常を特別な日に変える一台で、写真表現の可能性がきっと広がるはず。

発売情報

「ロモ インスタントワイド カメラ アンド レンズ ウィリアム・クライン エディデョン」
使用フィルム:富士フイルム インスタックスワイド
シャッタースピード: バルブ (長時間露光モード)、8s-1/250 (オート撮影モード)、1/30 (シャッタースピード固定モード)
絞り: f/8、f/22
レンズ焦点距離: 90mm (35mm 換算)
ゾーンフォーカス設定: 0.6m / 1-2m / 無限
レンズアタッチメント: クローズアップ、ワイドアングル、スプリッツァー
PC Sync ソケット: あり
フレームカウンター: オート
ビューファインダー: ダイレクトファインダー
フラッシュ: 内蔵フラッシュ
リモートシャッター: シャッターリモコン機能付きレンズキャップ
三脚: 使用可能
露出計: あり
使用電池: 単三アルカリ乾電池 x 4個(別売)
価格:17,880 円(税込)
※プレオーダー(予約)受付分の発送は2021年2月を予定。
オンラインショップ
https://shop.lomography.com/jp/lomo-instant-wide-william-klein-edition-combo

ガジェットカテゴリの最新記事