2020.5.22 サイトリニューアル!新着記事更新中

映画やMVで広く活躍!蜷川実花の映像世界

映画やMVで広く活躍!蜷川実花の映像世界

ヴィヴィッドな色使いと独自の色彩感覚が魅力で、アート界で大活躍する写真家の蜷川実花。そんな彼女は最近では映画やMVの世界でも高い評価を得ています。今回は彼女のセンスを最大限に発揮した作品を紹介していきたいと思います。
TOP写真=ヘビーローテーション、文=jou_shishido

普段のファッションも蜷川ワールド全開!

View this post on Instagram

今回お気に入りのワンピース❤️ かっこいいですよー! #mmikaninagawa #伊勢丹新宿

A post shared by ninagawamika (@ninagawamika) on

花街の世界を幻想的に描写した「さくらん」

蜷川実花の映画初監督作品「さくらん」。土屋アンナ、菅野美穂、木村佳乃ら人気女優が花魁を演じ、大胆な濡れ場に挑んだ事で話題になりました。ストーリーの舞台である遊郭も鮮やかな色彩を活かしたセットで、監督のセンスの良さを感じます。

ランジェリー姿もカワイイ!?

楽曲:ヘビーローテーション 監督:蜷川実花

AKB48のミュージック・ビデオ。なんとメンバーがランジェリー姿を披露しています。しかし、いやらしさを感じさせず、とても健康的でキュートな印象を受けるのはなぜでしょうか?

モノクローム風の作品も魅力的な「花火」

楽曲:花火 監督:蜷川実花

三代目J Soul BrothersのMV。照明の色使いが素晴らしく、楽曲のせつない世界観を見事に表現しています。華やかな色彩のイメージがある蜷川氏ですが、この作品ではそれを抑えて、モノクローム風な仕上がりになっています。

伝説の漫画家、岡崎京子の原作を映像化した「ヘルタースケルター」

岡崎京子が描いた人気原作の実写化で、沢尻エリカが当時約5年ぶりに主演をつとめた映画。主人公が若さと美貌に執着し、それに翻弄される様子をリアルに描いて、興行収入は21.5億円と大ヒットを記録しました。インテリアやファッションもオシャレなのが特徴です。

ポップな世界を体現!?

楽曲:さよならクロール 監督:蜷川実花

AKB48のMV。風船、浮き輪、花びらなどを用いて、ポップな世界を作り上げています。本物の花で作ったようなビキニがとてもキュート!

写真家のほかに映画監督やMV監督の顔を持つ蜷川実花。どんな被写体だって彼女の手にかかると、生き生きとした魅力が引き出されるのが特徴です。今後もアート界で幅広く活躍してほしいですね。

【関連情報】
蜷川実花 オフィシャルサイト http://www.ninamika.com/

映画カテゴリの最新記事