2020.5.22 サイトリニューアル!新着記事更新中

フィリピンをオンラインで旅する!観光スポット紹介動画16本「Wake Up in the Philippines」が公開

フィリピンをオンラインで旅する!観光スポット紹介動画16本「Wake Up in the Philippines」が公開

フィリピン観光省(DOT)が、フィリピン各地の観光スポットや、有名フィリピン人シェフの料理動画など、16本の動画が公開中。フィリピンの魅力をたっぷり味わえるこの動画シリーズ 「Wake Up in the Philippines」 についてお伝えします。

フィリピンの魅力がたっぷりつまった動画シリーズ 「Wake Up in the Philippines」

フィリピン観光省 (DOT) は、新型コロナウィルス感染拡大で海外旅行が制限される中、コロナ収束後にフィリピンを観光目的地として検討され、誘客につながるよう、フィリピン各地の観光スポットや、著名なフィリピン人シェフの料理動画などの動画シリーズ 「Wake Up in the Philippines」を製作、公開中です。
この動画シリーズでは、フィリピンの16の地域で体験できる、滝での冒険・登山・サーフィンなど、各地のさまざまな楽しみ方が紹介されています。

フィリピン観光省からの「ステイホーム」呼びかけキャンペーン

このキャンペーンは、国連世界観光機関(UNWTO)の#TravelTomorrowや世界旅行ツーリズム協議会(WTTC)の#TogetherInTravelキャンペーンにも参加しており、一日でも早く新型コロナウイルスが収束するように、フィリピンの国民や世界の旅行者が「ステイホーム」を呼びかけています。
「フィリピン観光省にとって、“ステイホーム”はまだ最優先事項です。私達は全ての愛する人の安全を確保し、この動画が近い将来またフィリピンに来ていただけるようになったときの感動やインスピレーションのきっかけとなることを願っています。」と、フィリピン観光省 次官補のハワード・ユイキング氏は述べています。

動画シリーズに込めたフィリピン観光省の思いとは

フィリピン観光省は、360度の水中バーチャルツアー、著名なフィリピン人シェフの料理動画、ソーシャルメディアページやマイクロサイトにオンラインアクティビティを紹介できることを嬉しく思っており、このキャンペーンを通じてバーチャル観光やデジタルツーリズムに目を向けて、これから先、日本人観光客がフィリピンで過ごした日々を思い出し、次の旅行に繋がることを期待しています。

動画シリーズ概要

この動画シリーズでは、16本にもおよぶ主なフィリピンの観光地に焦点を当て、様々な地域で体験できる冒険・登山・サーフィンなど、各地のさまざまな楽しみ方が紹介されています。
撮影は、51日間、150箇所で行われ、制作を担当したBBDO Guerreroのクリエイティブ・チェアマンのデイビッド・ゲレロ氏は、「この動画をきっかけに、安全を確保しながらも、まもなく体験できるようになる夢の旅先の1つとしてフィリピンを思い出してくれることを願っています。」と述べています。

シリーズタイトル一覧

1.Wake Up in the Philippines
2.Wake Up in Central Visayas
3.Wake Up in Bicol Region
4.Wake Up in Zamboanga
5.Wake Up in Cordillera Administrative Region
6.Wake Up in MIMAROPA
7.Wake Up in CALABARZON
8.Wake Up in SOCCSKSARGEN
9.Wake Up in Central Luzon
10.Wake Up in Central Visayas
11.Wake Up in Northern Mindanao
12. Wake Up in National Capital Region
13. Wake Up in SIARGAO
14.Wake Up in Ilocos Region
15.Wake Up in Eastern Visayas
16.Wake Up in Palawan

※フィリピン政府観光省
フィリピン経済に貢献するフィリピン観光産業の活動の一環として、フィリピンの観光地や文化など幅広く紹介し、フィリピンへ観光につながるよう国内でプロモーションをしています。
所在地:東京都港区六本木 フィリピン大使館
https://philippinetravel.jp

旅フォトカテゴリの最新記事