2020.5.22 サイトリニューアル!新着記事更新中

いつか見た、森の中の幻風景「迷子の森」藤井春日による写真集が発売

  • 2020.09.26
  • 2020.09.28
  •  
  • 写真
いつか見た、森の中の幻風景「迷子の森」藤井春日による写真集が発売

「いつか見た、森の中の幻風景」を感じさせる写真集「迷子の森」が発売。写真家・藤井春日によって5年の歳月をかけて撮影された、自然の中にあるリアルとフィクションが交差する、不思議な写真集です。

写真集「迷子の森」とは

「いつか見た、森の中の幻風景」とうたわれた「迷子の森」は、白昼夢のような儚い色彩の森の中をさまよいながら、森の中で出会う少女や動物たち、そして草花が織りなす生と死の輪廻を目にすることができる作品。

長野県を舞台に撮影された写真の数々は、八ヶ岳の麓、富士見町に住む少女との出会いをきっかけに具現化。少女を含む、八ヶ岳の豊かな自然環境で5年に渡り撮影され、形作られました。

企画から編集、デザイン、印刷まで、全て八ヶ岳エリアで行われています。
どこかにありそうで、どこにもないような森の四季の風景。木々の間から覗く妖精のような少女たちと、森で暮らす動植物の交わり。ここにしかない空気感を感じてみてください。

写真集情報

書名「迷子の森」
2020年9月1日初版発行
ISBN 978-4-9908035-1-3 C0072
地方小出版流通センター
定価 2,000円(税抜)

http://kusamakurasha.com
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4990803515/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_pbhsFbW9WG08E
お問い合わせ:(E-mail)info@kusamakurasha.com

著者プロフィール

藤井春日
東京生まれ。武蔵野美術大学を卒業後、写真表現への道へと進む。

写真集:
「Adonis Garden / アドニスの庭」
「KUSAMAKURA / 草枕」
「Eternal Picnics / 永遠のピクニック」
「Dream of a lonely bird / 鳥の見る夢」(kindle版)

どこか儚く、且つ懐かしさも感じられるこの作品は、慢性的な閉塞感のある現代の生活に、ほんの少しだけ、空想の世界に身を浸す機会を生み出してくれるでしょう。

写真カテゴリの最新記事