2020.5.22 サイトリニューアル!新着記事更新中

xiangyu(シャンユー)って誰?謎のアーティストの素敵すぎるEPとMVを紹介

xiangyu(シャンユー)って誰?謎のアーティストの素敵すぎるEPとMVを紹介


謎に包まれた女性アーティストとして2019年から活動をスタートしたxiangyu(シャンユー)さん。
エッジの効いた楽曲で耳の肥えたファンをうならせる話題の彼女。今回は、そんなxiangyuさんが発表する楽曲の魅力に迫ります。

xiangyuとは?

https://www.instagram.com/p/CBDypgwDzWy/?
水曜日のカンパネラのサウンドプロデューサーとして知られるケンモチヒデフミさんが楽曲を制作、同マネージャーのDir.F(福永泰朋さん)がバックアップする日本人女性シンガー。xiangyuというアーティスト名は「シャンユー」と読み、本名の「あゆみ」が由来で「鮎」の中国名である「香魚(シャンユー)」から名付けられたそう。
文化服装学院在学中、デザインフェスタで服の展示をしていたときに声をかけられたことがきっかけで、その後アーティストとして本格デビューを飾ることになります。
楽曲だけでなく、ビジュアル面を含めたアーティスト性が注目される一人。早速ですが、EPやミュージックビデオをご本人のコメント入りで紹介していきましょう。

2nd EP「きき」


2020年6月5日にデジタルリリースされたEP。本作には、前年の2019年末にリリースされた「ピアノダンパー激似しめ鯖」をはじめ、東アフリカ、タンザニアの超高速エレクトロ「シンゲリ」をベースにした「ひじのビリビリ」などを含む計5曲が収録されています。
どれもxiangyuらしいアフリカのダンスミュージックを軸にした楽曲。

xiangyuのコメント:EP発表に寄せて

ひじをしょっちゅうぶつけたり、大好きな白Tにはいつも何かを溢しがち。ピアノの蓋の間からしめ鯖が見えた!と騒いだかと思えば、次は良い物件について永遠と唱える日々。
喜怒哀楽に溢れた私の愛すべき日常。
「きき」は、喜喜とも、危機とも書けるし、黄色っぽいイメージがあり、響きも気に入ってる好きな言葉。
今は「危機」かもしれない日々が「喜喜」となりますように。そんな思いを込めて作った作品集、もしかすると「奇奇」かもね。

ミュージックビデオ「BBIISPP」

2nd EP「きき」に収録された楽曲のミュージックビデオ。「きき」のリリースに合わせて公開されたもの。
本作のMVは新進気鋭の映像作家・吉岡美樹が監督し、撮影から編集まで全てを担当。
「BBIISPP」のタイトルは歌詞にも出てくる「バキバキイガイガシパパンパン」が由来で、寝落ちをした朝に感じる、身体がバキバキ、喉がイガイガ、目がシパシパ、顔がパンパンのxiangyu流の略語を表しています。
ジャケットアートは新進気鋭のアーティストWAN_TANが制作、歌詞に出てくるキーワードが散りばめられた独特な雰囲気のビジュアルに。また、本作ではCDの代わりのリリース記念アイテムとして、ジャケットアートがTシャツとして制作されています。

xiangyuのコメント:「BBIISPP」

コンタクト外して電気も消してから寝たいのに、あと5分したら動こう!とソファにゴロンしてそのまま朝。
濡れたまんまのタオルがその辺に落ちてる光景も見慣れてきたし、寝落ち後の身体の重さは鉛のよう。あー明日こそは全部バッチリで眠りたい。

ミュージックビデオ「home」

家の間取りへのこだわりを歌った楽曲で、xiangyuらしい南アフリカ・ダーバンから生まれたハウスであるGQOM(ゴム)をベースにしたサウンドに、自身が物件探しの際にこだわっている「家の間取り」について語ったリリックをリズミカルに乗せています。
ジャケットは画家オオヤヨシツグさんによるもので、マジックペンとアクリル絵の具を使用したイラスト。
ミュージックビデオはオオヤヨシツグ、伊勢健人、本橋龍によるコラボで、シュールなヤドカリが家を探し続けるアットホームな作品に仕上がっています。

xiangyuのコメント:「home」

なんの恐怖もなく過ごせる、暖かい自分の城。
安心して眠れる場所があることが当たり前の世の中になりますように。
オートロック、広めキッチン、風呂トイレ別etc…
色々希望はあるけれど、結局は屋根と塀さえあれば良かったりして。

いかがでしょうか。今回は注目のアーティストとして、xiangyuさんを取り上げました。
クラブミュージックを下地とした本格的なサウンド、多くのアーティストが参加するビジュアル表現など、今後の活躍が楽しみです。

xiangyu・プロフィール

2018年9月からライブ活動開始。 日本の女性ソロアーティスト。
読み方はシャンユー。 名前はVocalの本名が由来となっている。
南アフリカ発祥のGqom(ゴム)をベースにした楽曲で、ミステリアスなミュージックビデオも公開中。2019年5月22日に初のEP「はじめての○○図鑑」をリリース。
3月27日にデジタルシングル「home」、6月5日にはデジタルEP「きき」をリリース。
8月25日には自身2度目となる自主企画イベント「香魚荘#02」を開催予定。

【イベント情報】
「香魚荘#02」
日時:2020年8月25日(火)
開場:18:30 / 開演:19:00
場所:渋谷TSUTAYA O-nest
出演者:xiangyu 他、随時発表

音楽カテゴリの最新記事